レベルの低い阪神ジュベナイルフィリーズ組は巻き返せる?

Pocket

今週の阪神メインレースは桜花賞トライアルフィリーズレビュー

本番と比べて距離が200m短縮となるので
どうしてもチューリップ賞と比較すると手薄なメンバーが揃いますが
今年も一枚落ちるメンバー構成となりました。

その中でも主役は阪神JF5着の アットザシーサイド

阪神JFこそ負けましたが、その前の2戦は見所のある内容で
2戦2勝の1400mに戻るのも歓迎

また前走は三浦騎手でしたが、今回は福永騎手への乗り替わりが予定されており
その点はプラス要因と言えます。
(本当であればもっと追える騎手の方がいいのですが…)

今年の阪神ジュベナイルフィリーズ組は低レベルと言われています。
メジャーエンブレムは別格としても、それ以外の馬の次走は馬券にも絡めず。

先週のチューリップ賞でも阪神ジュベナイル組は揃って惨敗
その点ではアットザシーサイドも能力を証明出来たとは言えません。

過剰な人気になるようなら評価を落としたいですね。

そういった点からは、前走先行しながら
メジャーエンブレムの影さえ踏めなかった キャンディバローズ

GI4着も次走8頭立てで馬券に絡めなかった ペプチドサプル

前残りのフェアリーステークスを先行して粘れなかった クードラパン

このあたりも信用がおけません。

すると別路線組に目がいくのですが
目立った活躍をして臨む馬はいません。

エルフィンステークス2着の ダイアナヘイロー

1着レッドアヴァンセ、5着クリノラホールはチューリップ賞で惨敗
メンバーレベルは疑問で能力は未知数

父キングヘイローに母父グラスワンダーという血統から
力の要る馬場でのレースになれば活躍が見込めますが
スピード勝負になると厳しいでしょう。

前走人気薄ながら春菜賞を勝った カトルラポール

毎回堅実に走るタイプですが、キャリアは12戦をかぞえ
さすがにクラシックを狙う馬の成績ではありません。

これらの馬もプッシュするには弱いですね。

それなら池江厩舎の リボンフラワー や

1戦1勝の リルディングインク など

未知の馬に賭けるという選択肢も出てきますね。

まだキャリアの浅い3歳の戦いで阪神1400mという特殊舞台

過去のレースをしっかりと見て予想をしていく事が
的中への近道となります。

今回はフィリーズレビューの話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク