チューリップ賞と桜花賞・オークスとの関連性について

Pocket

先日行われたチューリップ賞は シンハライト が
ジュエラー との競り合いを制して勝利。

無敗で桜花賞へ駒を進める形となりました。

シンハライトは紅梅ステークスからの臨戦で勝利
過去の傾向からは紅梅ステークス組は苦戦を強いられてきました。

一番の理由は1400mからの距離延長であると言う点

たった200mの違いですが、1400mと1600mでは
レースの内容が全く変わります。

瞬発力・スピードが活かしやすいマイル戦と
スピードとパワーが必要とされる1400m戦

この2つがリンクしないため、過去紅梅ステークス組は好走出来なかった
という事なのですが、そんな不利を覆してシンハライトが勝ったという事は
能力の証明をしっかりとした

という事です。

最後ジュエラーとの併せ馬に勝ったのは
ディープインパクトとヴィクトワールピサの差
とも言えますね。

さて、チューリップ賞ですが、
このレースはご存じの通り桜花賞・オークスと深い関連性があります。

一番には桜花賞と同じ条件である事。

3歳牝馬で最も重要とされているこのレースに挑むべく
有力馬達はこぞってここに参戦してくるので
当然レースのレベルが高くなります。

すると、このレースに勝つ馬、また上位に来る馬は
絶対能力が高い馬となり、GIでも活躍が出来る訳です。

また、チューリップ賞は桜花賞よりもペースが落ち着く傾向にあります。

スローペースを折り合って、最後の爆発力に賭ける。
このスタイルは距離が2400mに伸びるオークスで
最も必要とされる能力なので、オークスで活躍する馬も多くなります。

そういった意味からも春のクラシック2冠を戦う上で
最も適したトライアルがチューリップ賞なのは
この説明が無くても理解はして貰えるのではないかと思います。

シンハライトは今回苦しい条件を使った上で勝利しました。
ジュエラーとの差はわずかでしたが、実力差はあると考えた方がいいでしょう。

また、ジュエラーは道中かかったり、馬群にひるむ面を見せたり
気性面ではかなり難を抱えています。

仮にデムーロ騎手でなければ、即切りしていいレベルなので
その点は覚えておきたいところですね。

今回はチューリップ賞とクラシックの関連性の話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。