ネオユニヴァース産駒に桜花賞・オークス適性がどれだけあるのか?

Pocket

今週の阪神メインレースはチューリップ賞

桜花賞に向けた最重要ステップレースですが
クイーンカップでメジャーエンブレムが
圧勝してしまったので、

今年は2番手を決めるレースというような
意味合いのステップレースとなります。

最大の注目は ジュエラー です。

シンザン記念では前残りの流れを1頭後方から猛追して2着

能力の高さを見せると同時に
クラシックの主役級である事をアピールしました。

後方からの差しが届く阪神マイル戦なので
当然個々でも最有力の存在です。

このジュエラーは新種牡馬ヴィクトワールピサ産駒

今回ヴィクトワールピサ産駒としては初めてのクラシック
と言うことで桜花賞・オークスへの舞台適性が気になります。

ここでは、ヴィクトワールピサ産駒のクラシック適性について
考えていきたいと思います。

まず現役時代のヴィクトワールピサですが
パワーとスピードに優れ、スタミナ面に不安を抱えるという特徴があり
瞬発力のある馬ではなく、持続的に脚を使うタイプ馬でした。

なので、中山競馬場でのレースは強く
東京競馬場のレースでは脆さがある。

という特徴がはっきりした馬です。

この特徴をそのまま継承すると仮定すると
スピード&パワー勝負になりやすい桜花賞は戦いやすい舞台だといえます。
(瞬発力があれば、もっといいのですが)

逆にオークスはスタミナ&瞬発力の勝負になる事が多く
ヴィクトワールピサが持っている負の特徴が
もろに出やすい舞台でかなり戦いづらい舞台となるでしょう。

つまり、ざっくりと結論を出すと

桜花賞 = 得意
オークス = 不得意

となります。

今年はジュエラーがクラシックに挑みますが
牝馬という事もあり、スピード能力は
ヴィクトワールピサよりも磨きがかかっている印象ですが
母方の血統を見てもスタミナ面は未知数。

定石で考えれば、桜花賞は有力でオークスは危険となります
どうでるでしょうか。

デムーロ騎手が乗ると馬が折り合って
スタミナ面の不利を補完する可能性も十分あるので
今回のチューリップ賞の走りは注目ですね。

今回はヴィクトワールピサ産駒の適性の話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク