リオンディーズ、エアスピネル、マカヒキ、安定感があるのはどの馬?

Pocket

今週のメインレースはG2弥生賞

皐月賞に直結する最重要ステップレースです。

今年もクラシックの主役達が集まってきました。

主役となるのはGI馬 リオンディーズ

前走は最後方から一気の脚で突き抜けました。
距離短縮からのマイル戦と厳しい要素が揃っていた中での圧勝劇は
能力の違いを感じさせるもので、今回2000mに距離を戻して
さらに走りには安定感が出るでしょう。

弥生賞4着の兄エピファネイア同様に激しい気性を持っており
折り合いの点は不安要素と言えますが
鞍上がデムーロ騎手なので、ほぼ心配はいらず。

ここは無事に通過する公算が大きいですね。

対するは朝日杯2着の エアスピネル

前走はリオンディーズの強襲に屈したものの
3着以下は引き離しており、内容は立派でした。

この馬に勝てる馬がクラシックで上位争いをする
というようなボーダー馬的な存在になっていますが
機動力と自在性を兼ね備えており
馬券圏内への安定感という点では今回一番の存在と言えますが
不安点はマイル戦を一貫して使ってきた点ですね。

この2頭の挑戦するのは マカヒキ です。

前走若駒ステークスでは上がり3F32.6秒という
末脚を繰り出して勝利

いかにもディープインパクト産駒らしい競馬をする馬ですが
前走で内回り2000mコースを経験した事はプラスです。
今回も頭数は増えない事が想定される点もプラスで
ここは好勝負を見せてくれるでしょう。

次走の皐月賞の方が不安は大きそうですね。

馬券としてはこの3頭の争いとなりそうで
勝負出来るようなレースではありません。

今回は弥生賞の話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。