道悪の鬼ステイゴールド産駒を裏付けるトゥインクルの圧勝劇

Pocket

先週行われたダイヤモンドステークスは トゥインクル が圧勝
4コーナー過ぎから直線に並びかけてあとは後続を引き離す
強い内容のレースでした。

これだけ圧勝出来た勝因として“馬場”が挙げられます。

ステイゴールド産駒は重馬場が上手い馬が多く
過去にはオルフェーヴル、ナカヤマフェスタなどが
重馬場で凄まじいパフォーマンスを見せています。

今回のトゥインクルも同様ですね。
非常に強い内容だったので、天皇賞・春も
重馬場なら十分にチャンスはあるでしょう。

また、ステイゴールド特徴としては
海外の時計のかかる馬場も得意という特徴があります。

これは海外に限らず、日本でも時計のかかる馬場が得意なので
この傾向は是非覚えておきたいところですね。

2着 フェイムゲーム は地力を見せました。

海外帰り、休み明け、58.5kgであれだけの走りをするのですから
能力面では一枚半上の存在であったという事でしょう。

昨年に引き続き天皇賞での走りも期待出来ますが
今回馬場が悪い中で好走をしたので
反動は十分に気にする必要があります。

3着 ファタモルガーナ も馬場がプラスになりました。

馬場が悪くなったときは
スピード比べよりも我慢比べとなる形の方が多いので
高齢馬が若い馬と互角以上に戦える事が多くなります。

逆に4着に敗れた タンタアレグリア は馬場に泣きました。

ジリジリ伸びる形でも通用する長距離戦は合っていますが
本質的には3000m超は長いですね。

馬場も軽い方が合っており、今回は運がありませんでした。

モンドインテロ もこのタフな条件は合いませんでした。

ディープ産駒は重馬場が得意な馬は多くないですね。

今回はダイヤモンドステークスの回顧をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。