レッツゴードンキは短距離戦に適性があるか、2016阪急杯と考える

Pocket

今週の阪神メインレースはG3阪急杯

高松宮記念に向けたステップレースですが
例年と比べて今年はやや弱いメンツが集まりました。

今回一番の注目は レッツゴードンキ

昨年桜花賞を圧勝しましたが、その後は惨敗続き

敗因は誰の目から見ても明らかで抑えが利かない気性。
強豪が揃うマイルCSで6着と健闘したように
能力としてまだ底を打ってはいません。

中長距離ではまったくレースにならないという事で
今回は1400mに目を向けてきました。

1400mならペースで暴走する可能性はグッと減り
能力を出し切れるでしょう。

開幕週で逃げという脚質は有利に働きそうで
ここは有力の1頭と言えます。

実績では一番の ミッキーアイル

スピードタイプの馬で阪神コースは不得手な舞台ですが
年齢を重ねる毎に少しずつズブさが出てきており
この舞台での勝ち鞍もあるので、致命的な不利とはならないでしょう。

実績・能力では抜けているので、ここは軽視出来ません。

同じく実績のある馬が2頭

ダイワマッジョーレ は昨年の勝ち馬

ただ年を重ねる毎に成績が不安定になっており
前走の京都金杯も惨敗

衰えがあるのは明らかでよほどはまらないと難しいでしょう。

GI馬 ダノンシャーク

こちらも走りのパフォーマンスは徐々に落ちていっていますが
それ以前にこの舞台を非常に苦手としています。

プラスの要素は一つもなく、買いづらい存在です。

京都金杯で惨敗した オメガヴェンデッタ 

前走は初のマイル戦にチャレンジしましたが
結果としては適性なしというような内容でした。

今回距離が200m短縮され、パフォーマンスは上がるでしょう。
阪神コースも得意とは言えないまでも、無難にこなせるので
ここでの巻き返しは考えておいた方がいいですね。

昨年夏に活躍した ティーハーフ 

北海道場所ではいい競馬を見せましたが
秋シーズンになってからは良いところがなく
前走のスワンステークスも惨敗しました。

馬場の適性云々の話もありますが
状態面で一歩足りなかった可能性もあり
今回は休み明けで見直したい存在です。

重賞上位の常連 サドンストーム

この馬は追い込み脚質なので常に展開に左右されますが
展開さえハマれば、このメンバーなら十分上位があります。

ただ、本質的には1200mの方がいい馬ですね。

前走初芝ながら7着と善戦した ヒルノダイバロー 

強豪が揃うメンツの中で上がり最速の脚を使った点は評価出来ます。

今回は芝2戦目、そして距離延長という事で
もう少しスムーズな競馬が出来るようになるので
もっと高いパフォーマンスが期待出来ますね。

今回は阪急杯の話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。