レーヴミストラル、ヤマカツエース、京都記念で展開が向くのはどっち?

Pocket

今週の京都メインレースは「京都記念」

伝統のG2戦で骨っぽいメンツが集まりました。

中でも人気となりそうなのは
前走で日経新春杯を勝った レーヴミストラル と
前走で中山金杯を勝った ヤマカツエース

レーヴミストラルは前走の直線一気を見ても分かるとおり追い込み馬
ヤマカツエースは前走で前残りの展開を勝ったように先行馬

地力の問われる流れになって双方共に台頭する
というパターンは十分に考えられますが
馬券的な戦略を考えると前か後ろかどちらかに偏る展開を張った方が良いですよね。

まだ枠順も発表されていないので、正式回答ではありませんが
私は前が有利な流れ、ヤマカツエースが有利な流れになると踏んでいます。

第一にレーヴミストラルの方が人気するであろうという点

今回の一番人気はどの馬かと考えると
前走派手な勝ち方をしたレーヴミストラルです。
おそらく抜けた1番人気になるでしょう。

そのような馬が展開に左右されやすい追い込み馬だと
どうしても後ろに比重がかかり前が有利な競馬になりやすくなります。

第二に京都記念が差しが届かないレースになりやすい点

2015年の京都記念が一番典型的な例ですが
キズナ、ハープスターが差して届きませんでした。

京都記念はこのような流れになる事が多いです。

差しから逃げという奇策に出たデスペラードが勝ったり
中穴のトレイルブレイザーが勝ったり
と結果にも表れています。

今回レーヴミストラルにはこの2つの壁を超える必要が出てきます。

これを超えられる器だととるべきか
ここは足踏みすると見るべきか

この判断が馬券を大きく左右してくるでしょう。

今回は京都記念の話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック