クラシックとは無縁のレース?2013朝日杯FSレース回顧

Pocket

先週行われたGI朝日杯FSはアジアエクスプレスが勝利
芝初挑戦にして、GI勝利という離れ業をやってのけました。

今回の勝利でわかったことをあげてみましょう。

・根本的な能力がメンバーでは抜けて高い

今回のメンバーはレベルが低いことはわかっていましたが
それでも芝初挑戦にしてGIを勝つというのは並ではありません。
並ではないと言うことは能力が高いということ。
当たり前のことですが、まず認識が必要なことです。

・パワー型でダートの方が持ち味を発揮出来る

今回芝を勝ちましたが、走りは明らかにパワー型
芝を勝てた背景には中山競馬場の力のいる馬場設定であった事は
見逃せません。本質的にはダートの馬である事の認識は必要です。

・年明け初戦芝のレースを使うようなら危ない。

ダートが得意な馬なので、次走軽い走りが必要な競馬場(東京・京都)の
レースに出走してくるようなら当然危険な存在になります。
強い競馬を見せられると適性・リスクという要素が
能力と成績で見えなくなりがちなので、注意しましょう。

2着ショウナンアチーヴ、3着ウインフルブルームもいい競馬をしました。
どちらの馬にも言える事ですが、こちらの方が計算出来る走りをしてくれそうです。
ただ、確固たる能力は見えていないので絶対視は危険である事は言えます。

期待したプレイアンドリアルは7着
スタートしてから掛かっていたという点はありますが
力負けといっていい内容でしょう。
東スポ杯の走りから、今回の舞台はベストと見ましたが
残念な結果となりました。
能力が量り切れていない2歳戦の難しさが出たと言えます。

一番人気のアトムは5着
内枠が災いしたようなレース展開で
若い川田騎手には厳しかったという印象。
加えて突き抜けるほどの能力もなかったし
中山競馬場にも合う馬ではなかったということでしょう。

レースを見る限りGI級の力を秘めているのはアジアエクスプレスだけで、
その他の馬は重賞で勝ち負け出来るかどうかも
断言しづらいメンバーである。

というのが今回のレース回顧のまとめです。

スポンサードリンク