オルフェーヴル引退レース!2013有馬記念出走予定馬チェック

Pocket

今週のメインレースは一年の集大成有馬記念です。

なんといってもオルフェーヴルの最後の勇姿を見られるレースとして
注目を集めますが、メンバーだけをみるとかなり寂しい構成となっています。

今週は有馬記念ウィークと言うことで
レース回顧を予定している火曜日を除く
毎日出走予定馬について話をして行きたいと思っています。

まずは堂々の主役であるオルフェーヴル。

三冠馬であり、2年前の勝ち馬であるこの馬に死角らしい死角は見当たりません。
能力はゴールドシップと共にメンバーでも抜けていて
中山競馬場の適性もあり、勝ち方も知っている馬です。

凱旋門賞から帰国して間隔も空いたことで
昨年のジャパンカップよりはいい状態で出られる事も間違いないでしょう。

瞬発力と言うよりは推進力タイプの馬ですが
仕掛けてからの反応が早いので、自在性もあり
今回のレースは不動の本命と言って過言ではありません。

重箱の隅をつつくように欠点を探していくなら
ステイゴールド産駒独特の気性の荒さを持っているため、
昨年の阪神大賞典のように自滅する可能性が少しはあるということ。
100のうち2~3はそんな場合があるかもしれません。

実績・能力から唯一互角に戦える可能性があるゴールドシップは
水曜日に話すことにして、今日はもう一頭今回で引退を迎える
エイシンフラッシュについて話したいと思います。

昨年は2着、一昨年は4着と有馬記念の舞台は得意としている馬で
しかも、昨年はレース当日に急な乗り替わり
結果的には早仕掛けとなったものの見せ場十分のレースでした。

GIは東京で2勝をあげていますが、瞬発力と同時にパワーも備えた馬で
中山競馬場も得意なコースである事は間違いないうえに
鞍上はルメールを確保しており、馬の力+騎手の力を合わせれば
オルフェーヴルに一矢報いるチャンスは十分にあります。

ゴールドシップの不安定さを考えると
オルフェーヴルにとっては最も怖い存在であるといえます。

続きは水曜日。
水曜はゴールドシップとウインバリアシオンをとりあげます。

スポンサードリンク