差し有利の流れで好走を続けてきたロワジャルダンは危険な人気馬か?

Pocket

今週、中京で行われる重賞は「東海ステークス」

フェブラリーステークスを目指す馬がステップにする重要なレースです。

今年は昨年の覇者コパノリッキーやダート王者ホッコータルマエ
そして、ノンコノユメ・サウンドトゥルーなどは出走せずに
王者への挑戦権をかけたメンバーでの戦いとなります。

一番の注目は ロワジャルダン です。

みやこステークスはインを突いての差し切り勝ち
チャンピオンシップは外からの差しで4着と
ここに来て充実を見せている馬です。

ただ、どちらのレースも差し馬有利の流れになったことは事実

この馬のポテンシャルはまだ示せていません。
今回は実績からかなり人気になる事が想定され
危険な人気馬である事は間違いありません。

どちらに展開を張るかで予想は変わってきますが
前寄りの展開を想定するなら、軽視してもいいですね。

昨年の平安ステークス以来の出走となる インカンテーション

昨年フェブラリーステークス2着の実績からも地力は上位なのは明白ですが
久々の分で状態がどこまで仕上がっているかという点と
坂のないコースの方が走る馬なので、適性面の割引がどこまでか
というところに尽きるでしょう。

古豪 ローマンレジェンド

チャンピオンズカップは惨敗しましたが
展開面で仕方がなかったと割り切れる内容でした。

GIから格が一つ落ちれば互角に戦える能力があるので
軽視は出来ませんが、坂のないコースでスピードを活かして走る方が
持ち味を発揮できるのは間違いありません。

前走で連勝が止まった モンドクラッセ

前走は前崩れの流れで自滅した感が否めず、まだ力負けとは判断できません。

「逃げ」という戦法が固まっている馬なので
常に展開に左右されるという不自由はありますが
前走の負けで人気が落ちるようなら妙味はあります。

ベテルギウスステークス勝ち馬 マイネルバイカ

前走は逃げ切り勝ちでしたが、脚質の自在性のある器用な馬。

東海ステークスは2年連続好走しているように得意な舞台で
地味なタイプながら、マークが必要な馬ですね

ベテルギウスステークス2着馬 アスカノロマン

スピードを身上とする馬で、本来であれば平坦コースの方がベストですが
前走は阪神2000mをこなしており、ここにきての状態アップは見込めます。

あとは展開面ですね。

連勝中の サージェントバッジ

近走は京都・札幌と平坦コースで好走していますが
血統から力の要る馬場の方が走りそうなタイプ

内を掬った前走ほどうまくいくかは疑問で
騎手で過剰な人気になるようなら旨味はありません。

今回は東海ステークスの出走メンバー評価をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。