疲労に弱いサトノノブレス、今回は凡走?好走?2016日経新春杯展望

Pocket

今週の京都メインレースはG2日経新春杯

京都2400mのハンデ戦という事で
馬券的には一筋縄ではいかない難解なレースです。

主役は金鯱賞3着の サトノノブレス

一昨年は勝利、昨年は2桁着順と扱いの難しい存在ですが
一つ大きなポイントとして「疲労」があります。

一昨年は菊花賞からの直行
昨年は金鯱賞、有馬記念を経由しての参戦

とスケジュールの過密さがもろに響いた形です。

今年はどうかというと有馬記念を見送って金鯱賞からの直行
ローテーションとしては微妙ですが
オールカマー、アルゼンチン共和国杯を走っての叩き4走目
と言うことで、期待よりも不安が多いのは間違いありません。

金鯱賞で1番人気を裏切った レーヴミストラル

前走の敗因は2500m戦からの距離短縮における順応力

上がり3Fの脚としては最速の脚を使っており
実力が劣っていたからではありません。

今回は2000mからの距離延長
道中のペースはだいぶ楽になるので、前進は期待できます。

あとは内目をついて伸びてこられるかどうかですね。

3連勝中の シュヴァルグラン

ハーツクライ産駒らしい成長力を持った馬で
クラスを上げるほど強い勝ち方をしている点は
この馬の持っているポテンシャルの証明でもあります。

今回は格上げですが、少頭数でメンバーも強力ではないので
ここは期待できます。

中山金杯を除外になった ベルーフ

除外になった影響は大きくはないと見られますが
この馬自身、不器用で自在性に欠けるタイプ

今回は距離延長でどの程度レースに対応できるかがポイントです。
ベルーフ自身はスピード競馬は向かない馬ですね。

函館記念勝ちのある ダービーフィズ

秋3戦は惨敗続きですが、全てGIという事で
ここは条件が下がって仕切り直しの1戦となります。

条件としてはもう少しスタミナの必要なレースの方がいいですが
相手関係も悪くないので、展開次第では浮上の可能性を残した馬です。

昨年、一昨年と馬券に絡んでいる アドマイヤフライト

昨年と同様にこのレースに標準を定めて出走してきました。

京都芝2400m適性は高く条件はベスト
疲労に弱いタイプで休み明けもプラス

臨戦過程と適性だけなら間違いなく買いの馬です。
あとは相手関係とこの馬の実力の比較ですね。

今回はそれほどレベルが高いメンバーではありませんが
有力馬に成績が安定している馬が少なく
各陣営の勝負度合いを測る事が重要となります。

今回は日経新春杯の出走メンバー評価をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。