2016京都金杯出走馬評価|武豊騎手がトーセンスターダムに

Pocket

年も明けて、2016年の競馬もいよいよ始まります。

口火を切るのは恒例の京都金杯

京都芝1600mというスピードコースながらハンデ戦という事で
波乱要素を多分に含んだレースになりますが有力馬を見てみましょう。

1番人気が予想される トーセンスターダム

マイルチャンピオンシップ7着、毎日王冠5着と昨秋は一線級と互角の争い
カシオペアステークスでもきっちり勝つなど
地力面では今回のメンバーでも最上位なのは間違いありません。

京都コースは得意、1600mは前走が初めてでしたが
走りの内容からも血統からも問題はありません。

ハンデ頭57.5kgは当然課題ですが
鞍上がペース読みの上手い武豊騎手に替わる点はプラスですね。

一昨年の勝ち馬、昨年2着の エキストラエンド

一昨年の京都金杯から一貫して1600m戦を使われていますが
今年は金杯3回目の出走。

スピードが必要とされる京都コースで3回目というのは
さすがに難しいチャレンジである事は間違いありません。

内枠を引かない限りは難しいでしょう。

堅実な走りを見せる ウインプリメーラ

ステイゴールド産駒ながら、追って味があるタイプではなく
スピードの惰性でゴールまで押し切るタイプ

スローからの瞬発力勝負になると厳しいですが
ある程度締まった流れで、傾れ込めると勝機が見い出せます。

展開にあわせて買う馬ですね。

久々のマイル戦となる ウリウリ

前走阪神カップでは追い込んで5着
毎年京都金杯は外からの差しが決まらない内有利の馬場なので
内差しが出来るような枠順でなければ、危険な人気馬になります。

今回は岩田騎手が乗らない予定、という事も気になりますね。

その岩田騎手が乗る予定の オメガヴェンデッタ

昨年はオープンに昇格してクラス慣れするために走っていた印象ですが
この馬が持っている潜在能力はもっと上です。

今回は久々で実績の薄い1600m戦という事がポイントになります。
距離延長という事でポジションは取りやすいため
前残りの競馬なら十分に台頭はあるでしょう。

こちらも久々のマイル戦 エイシンブルズアイ

この馬はウインプリメーラ同様、直線傾れ込んでゴールまで走るタイプ

瞬発力勝負だと厳しい点があるので、
この馬を買うならウインプリメーラとセットで買う形がベスト

ただ、気性面からもマイル戦に戻るのはプラスとは言えず
あくまで展開と枠順が恵まれたら、という形になるでしょう。

マイル戦で奮起を狙う メイショウマンボ

この馬は色々なショックを与えてきていますが
明らかに気持ちが戻っていません。

さすがに難しいでしょう。

今回は京都金杯の出走メンバー評価をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。