【JRA裏情報】元ターフトピックスアナウンサーにインタビューした

Pocket

先日、ターフトピックス以前にアナウンサーをしていた
という方と話す機会がありました。

もう7~8年近く前の話だという事なので
今の競馬界とはまた違ってきているとは思いますが
普段競馬新聞やテレビでは聞けない情報をたくさん聞けたので
シェアしたいと思います。

話のテーマに上がったのは3点です。

○外国人騎手、地方出身騎手の乗り替わりは注意

近年GIを含めた大舞台での活躍が目覚ましい
外国人騎手と地方出身騎手
この2種類の騎手には大きな特徴があります。
それは「馬を酷使したレースをする」という事。

外国人や地方出身騎手はハングリー精神が強く
1レース1レースを全力で勝とうとするので
馬を叩いて叩いて走らせるそうです。
逆にJRA所属の騎手というのは「馬を育てる」
という感覚があり、柔らかい乗り方をしてくれる。

外から競馬を見ていてもそのあたりは見て取れますが
この傾向は馬券検討に生かせますよね。

JRA所属騎手→外人・地方出身騎手 評価上がる
外人・地方出身騎手→JRA所属騎手 評価下がる

わかりやすく言うと
JRA騎手は馬の体力・能力という貯金をする
外人・地方出身騎手は貯金を吐き出す。

当然貯金を吐き出す時の方が好走する確率は高いという訳です。

○調教師のコメントは信用出来ない。

競馬というのはギャンブルです。
なので、公平性を侵害するような行為・情報操作ができません。

という事で聞けた話は
「調教師は馬の状態が悪くても悪いと言えない」
という事。

私はこの事は知っていたので、陣営のコメントを鵜呑みにせず
気配や流れを読むようにしています。
追い切りというものは極めて主観的な予想ファクターなので
予想の優先順位は下の方に置いておく方が
客観的で精度の高い予想が出来るでしょう。

○いい馬は人脈で回ってくる

馬主はお金を稼いでナンボという世界ですが
狭いJRAという社会において
騎手と馬主の人間関係が出来上がっているようです。

そういった影響もあり
「いい騎手だからいい馬が集まる」
という事は一概には言えないようです。

ただ、いい馬が集まってくれば、良い成績を残せる
というのは事実なので参考程度に考えておけばいいと思います。
強いて言えば大舞台のレースは割引してもいいと思います。

名前は出せませんが、良い成績を残している
JRA所属の中堅騎手あたりの名前が出ていました。

それ以外にもいろいろと話をしました。
有益な情報以外のことでも競馬の話をするのは
やっぱり楽しいですね。

またJRA関係者からと話をする機会があれば
言える範囲でシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。