中山は今年で最後!2013朝日杯FS有力馬追い切りと評価

Pocket

今週のGIは朝日杯FS
中山競馬場で行われるのは今年で最後です。

トリッキーすぎる中山マイル戦が変更になるのは歓迎ですが
今までの歴史をみてきた身としては少し寂しい気持ちになるのも事実
今回はメンバーも寂しいですが、
中山最後の2歳GIを見守りましょう。

今日は有力馬の追い切りと直前での評価をお届けします。

【プレイアンドリアル】
今回は道営から川崎へ転厩して初戦で単走での調整
地方独特の調整方法でまず問題はないとみて間違いない。
父親デュランダルは切れ者だったが、
産駒は粘り込みのタイプが多くこの馬も同様。
それゆえ中山競馬場は合うタイプ、メンバーも弱くここは絶好のチャンス

【アトム】
追い切りは併せ馬で相手をちぎり好調をアピール
陣営は器用さがあり中山コース向きというが
前走からはとてもその評価は出来ず、器用さは疑問。
ただ、スケールはメンバー中一番期待出来る馬で
仕掛けや位置取りで成績が変わりそう。

【ベルカント】
追い切りでは武豊騎手が騎乗、調教はもってかれたという事で
折り合いに心配な面を残している。
中山マイルは前に行った馬が断然有利で
先手を奪ってスムーズな競馬が出来れば当然チャンスはあるが
牝馬には厳しい急坂と気性面の問題から危険な人気馬の評価

【ウインフルブルーム】
3戦2勝2着1回と底を見せていない点から
陣営のムードは最高潮に映る。
それだけ状態面も充実しているという事で
能力が通用するかどうかだけが課題。
チャンスは十分の馬。

【アジアエクスプレス】
調教師としては状態面は問題ないが芝の適性は半信半疑という評価
ダートでぶっちぎりの2連勝をしたものの全日本2歳優駿出走について
補欠扱いとなっているため、このレースに矛先を向けてきた馬で
血統的に芝をこなせる可能性は限りなく低い。静観が妥当。

【ショウナンアチーヴ】
陣営の気配は前走から平行線と言ったところ。
今回の戦いは2勝馬には総じてチャンスがある
メンバー構成なので軽視は出来ない。

【ピークトラム】
追い切りは「静」で目立った動きは見当たらない。
1勝馬なので抽選待ちという点もあるかもしれないが
新潟2歳S3着の実力から、このメンバーに入っても
相手なりに走ってくる可能性が高い。
単勝よりもワイド・3連複向き

牝馬ベルカントが人気になりそうなので
馬券的な妙味はありそうですが
2歳戦なので、単勝や複勝で確実に行くことをオススメします。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。