クラシックへ向けた若駒の戦い!朝日杯FS出走予定有力馬紹介


今週は2歳GI朝日杯フューチュリティーステークスが行われます。
現段階で今年の2歳牡馬は非常にレベルに疑問が残ると言わざるを得ません。

京王杯2歳Sで断然人気だったモーリス
東スポ杯2歳Sで断然人気だったサトノアラジンが
揃って馬券にも絡めず。

札幌2歳Sはレッドリヴェール、
デイリー杯2歳Sはホウライアキコと
揃って牝馬に勝たれ、これといった有力馬が見当たりません。

その中で一番の注目は牡馬ではなく牝馬ベルカント
同じ距離でありながら中山1600mを選択してきたのは
先行有利の馬場や相手関係を見込んでの物。
折り合いに難を抱える面がありますが
勝機を持っての参加はここでも注目の的です。

ひとつ課題といえるのは直線の中山の急坂
パワー型が活躍する舞台設定は牝馬には厳しく
ベルカントが朝日杯を制するにはこの坂の克服が必要最低条件です。

牡馬で最大の注目馬はコスモバルクの再来とも言われる
道営出身のプレイアンドリアル
前走は実にしぶといレースぶりで2着
切れ味のない脚質は東京よりも中山向き
しかも、デュランダルの子供で距離短縮もプラス
GI制覇へ向けて最大で最後のチャンス。
という舞台が整ったといえるでしょう。

中央から出走する馬ではアトム
前走はホウライアキコに抜け出しを食らった形ですが
しっかりと連を確保して能力をアピールしました。
脚質的に不器用な面がありそうで、これをどう克服するかが課題です。

京王杯2歳Sでは人気を裏切ったモーリスもリベンジに燃えます。
父親スクリーンヒーローという点で血統的に不安を抱えますが
評価された初戦のパフォーマンスを発揮出来れば
このメンバー構成ならチャンスはありそうです。

レベルの高い新潟2歳Sを3着したピークトラムは
常に相手なりに競馬が出来る馬で突き抜けるところまでは
難しいかもしれませんが、堅実な走りで馬券圏内に絡んでくる
可能性は十分に考えられます。

今回はメンバーが例年にも増して手薄なので
波乱の目も十分に考えられそうです。
いずれにしても来年のクラシックをにぎわせてくれるような
馬の出現を期待したいですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。