2016チャレンジカップ出走予定有力馬の分析と評価

Pocket

今週土曜日に行われる重賞はチャレンジカップ

GIに直結のしない隙間の重賞というイメージがあり
今回のそのイメージにあったメンバーが出走してきました。

主役となるのは フルーキー

前走の富士ステークスでは先行して切れ負けするという内容

もともと切れ味のない馬なので、判断自体は間違っておらず
今回は切れ味勝負になりづらい舞台でのレースなのでプラス要素となります。

ですが、重賞で馬券圏内になかなか絡めない結果が示す通り
ワンパンチが足りない馬で、ここでも推しきれません。

前走2着と復活を遂げた ワールドエース

持っている能力はGI級ですが、コンスタントに力を発揮できない弱みがある馬。

前走勝っての参戦は復活を予感させる人も多いと思いますが
もはや連続で好走できる心身の体力が無く、今回は危険な存在です。

新潟記念2着のある マイネルミラノ

この馬は逃げ馬らしく、ノーマークだと強く、マークされると弱い馬

前走のオールカマーで敗戦したのはプラスで
舞台としても阪神は悪くありません。

あとは人気次第ですね。

ここにきて徐々にパフォーマンスを上げている ヒストリカル

前走はしっかりとした末脚で強い競馬を見せた上に
今回は阪神芝1800mと更に適性の高い舞台

ある程度中団で競馬が出来るようになってきたので
今回の舞台は重賞制覇のチャンスといえるでしょう。

昨年2着の デウスウルト

ここは得意の舞台ですが、完全に不振期に突入しています。
走りの内容を見る限りではまだ復調のきっかけを掴んでおらず
今回は厳しい戦いになるでしょう。

今年重賞2勝している レッドアリオン

アグネスタキオン産駒の中ではパワーのあるタイプで
阪神でのレースも苦にはしません。

格で考えれば、今回のメンバーでも断然上の存在で
精神構造の面からも気分屋の面があり
大敗を引きずるタイプではないので、ここでの好走は十分に考えられます。

エリザベス女王杯大敗の タガノエトワール

オープンで走れる実力の持ち主ですが
走りが軽く阪神よりも京都に適性のある馬

スローからのスピード勝負になれば出番はありますが
牡馬と混じっての戦いは常識的に考えれば苦しいと言わざるを得ません。

馬券の焦点はフルーキー、ワールドエースの扱いです。

常に掲示板には入りながらなかなか馬券に絡めないフルーキー
能力はあるも走りにムラがあるワールドエースを
どのポジションにつけて馬券を買うかで
期待値が大きく変わってきます。

チャレンジカップの予想については
無料メールマガジンで公開しています。

土曜日の10時頃に配信する予定ですので
以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えていますし
毎週、勝つ為の予想に徹底した予想を展開しているので
競馬に勝ちたい人は勉強になりますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。