馬券を買わない決断も必要!2歳GI阪神JFとの向き合い方

Pocket

今週のメインレースはGI阪神ジュベナイルフィリーズ

昨年はショウナンアデラ、レッツゴードンキで決まったレースですが
今年はまだ有力馬の輪郭が定まっていない難解なレースです。

私は常々話していますが、

GIだからといって情報量の少ない2歳戦に手を出すのは禁物です。

無駄に回収率を下げる行為はやめないと勝てないですからね。

ただ、来年のクラシックと直結するレースなので
このレースはしっかりと見ないといけません。

そして、有力とされる馬についてもチェックをしておきましょう。

抽選であがってくる馬についてはキャリアの浅さも含めて
判断しづらい点があるので、重賞を使ってきた馬について
事前判断をしていきましょう。

まずはファンタジーステークスの1~3着馬

いずれもディープインパクト産駒ですが
3着の ブランボヌール は母父サクラバクシンオーで
函館2歳ステークスでの強い勝ち方を見ると距離延長はマイナス。

阪神芝マイル戦はチャンピオンコースで
瞬発力のある馬が好成績をおさめやすいので
その点を考慮しておきましょう。

血統的でもサンデー系が強く、外国馬は苦戦の傾向にありますね。

勝った キャンディバローズ は母父タイキシャトル
オークスまで見ると微妙な側面はありますが
1600m戦は問題がありません。

それは母父フレンチデュピティの2着 メジェルダ にも言えますが
ファンタジーステークスの内容を見ると
距離が伸びてより能力を発揮できるのは2着メジェルダでしょう。

今回は逆転が十分に考えられます。

もう1つのステップであるアルテミスステークス

こちらは超人気薄 デンコウアンジュ が勝利しました。

この馬はメイショウサムソン産駒ですが
メイショウサムソン産駒の特徴を見てみると東京に良績が集中しています。

スピードに欠ける点がありながらも
豊富なスタミナで長くいい脚を使い続ける、という馬が多いことから
直線が長く、坂のある東京がマッチしている事が理由ですね。

この馬の能力値はまだ判断できませんが
適性は間違いなく東京の方が上で、今回はパフォーマンスを下げるでしょう。

2着の メジャーエンブレム はダイワメジャー産駒

母父オペラハウスでダイワメジャーの持つパワーとスピードに
オペラハウスのスタミナを組み合わせたバランス型の配合になっています。

瞬発力勝負になると最後甘さをみせる可能性が高いですが
ある程度レースが流れて上がりがかかるような競馬になると
この馬の良さが活きてくるでしょう。

と、今回ファンタジーステークスとアルテミスステークスの上位馬を取り上げました。

他、条件戦を勝ってきた馬についても
同様に判断をしていくと阪神芝マイル戦の適性を判断できます。

ただ、馬券を買うレースでない事は間違いありません。

GI・重賞だからとむやみに手を出す人がいますが
馬券でプラスを出したいならやめて下さい。

勝つための第一歩はレース選択からです。

そして、自分を抑えられない人は勝者たり得ません。

そういった馬券でプラスを出すためのノウハウについては
無料メールマガジンで回収率アップ講座を開き解説しています。

「頑張っても馬券で勝てない」

という人は是非登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えていますし
毎週、勝つ為の予想に徹底した予想を展開しているので
競馬に勝ちたい人は勉強になりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。