フィエロの2年連続好走はあるか、2015マイルCS有力馬診断

Pocket

今週のメインレースはGIマイルチャンピオンシップ

平坦コースの京都で行われるマイルGIとあって
スピード、瞬発力のある馬が好走するレースです。

先週のエリザベス女王杯同様、昨年の1,2着馬が出走を予定しています。

まずは昨年の勝ち馬ダノンシャーク

休み明けの毎日王冠を4着と上々の走りを見せており
ローテーションとしては問題はありません。

重要なのは昨年との能力の比較ですが
昨年の走りと比較すると若干の衰えがある程度です。

ディープ産駒の中ではパワーに寄っているという点が
能力の衰えの遅さに繋がっていると言えますが
昨年は内を突いて出し抜いた形、うまくいっての勝利なので
今年は昨年よりもパフォーマンスは下がるでしょう。

あくまで伏兵という評価で十分です。

昨年2着の フィエロ

昨年同様スワンステークスからの臨戦
スワンステークスが前崩れの展開になったとはいえ
今年も上がり最速で駆けたあたりは地力は顕在です。

距離延長での臨戦は決してプラスではありませんが
前走が後方からの競馬だったので、掛かる心配もないでしょう。

あとはこの馬のスケールの問題です。
GIとなると一歩下がる印象で安田記念同様
ちょっと足りないという結果になる可能性はあります。

安田記念を勝った モーリス

今年春の走りは圧巻で、現マイル界での能力的に
一歩抜けているのは間違いありません。

ただ、長期の休み明けになる点と
この馬がパワー・スタミナに寄った能力を持っているという点から
今回の舞台は簡単ではありません。

人気になるなら外したい馬ですね。

安田記念2着の ヴァンセンヌ

春は快進撃を続けましたが、毎日王冠、天皇賞秋は惨敗
天皇賞は最下位だったので、普通に考えればそこからの巻き返しは困難。

ただ、気性が勝ったタイプで叩き3走目
距離短縮でペースが速くなる事を考えると
能力では足りているだけにあっと言わせる可能性はあると考えます。

穴馬として取り上げたいですね。

別路線から強力な馬が1頭参戦します。

毎日王冠、天皇賞・秋3着の イスラボニータ

昨年の走りから見ると成長こそないものの能力を保っている印象。

京都はスピード活かせる舞台でマイナスとはなりませんし
能力も今回の中に入れば、上位である事は間違いありません。

叩き3走目で状態アップも見込め、かなり有力であることは間違いありません。

そして3歳GI馬も2頭参戦します。

まずは桜花賞馬 レッツゴードンキ

前走の秋華賞では暴走して自滅
能力こそありますが、気性面が春よりも悪い方向に出ており

今回距離短縮はプラス材料ですが、相手強化と
気性面の改善が見られない事を考えると手が出ません。

NHKマイルカップ勝ち馬 クラリティスカイ

距離適性という点では問題がありませんが
そもそもポテンシャルを証明できていない点は不安です。

加えてスピード勝負の京都替わりもクロフネ産駒の
この馬にプラスに働くとは思えず、厳しい戦いを強いられるでしょう。

NHKマイルカップ2着の アルビアーノ

前走はフィエロを下しての勝利
先行して結果を出してきた馬ですが、差して勝てたことは収穫

スピードはありますが、瞬発力がないので
ハイペースでのスピード比べになる展開が理想です。
スローペースだと厳しいですね。

富士ステークス2着の サトノアラジン

前走はダノンプラチナに上回られましたが
能力はここに入ってもひけをとらない馬で
瞬発力勝負になるようならチャンスは十分にあるでしょう。

皐月賞馬 ロゴタイプ

こちらは京都替わりはマイナス
実績からある程度人気になるでしょうが
京都でのレースなら買う必要はありません。

マイルチャンピオンシップの予想については
無料メールマガジンで公開しています。

日曜日の10時頃に配信する予定ですので
以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えていますし
毎週、勝つ為の予想に徹底した予想を展開しているので
競馬に勝ちたい人は勉強になりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。