3歳ダート王ノンコノユメは古馬に通用するか?!武蔵野S展望

Pocket

今週土曜日の東京メインレースは重賞「武蔵野ステークス」
GIチャンピオンズカップに続く重要なステップレースです。

今年はフレッシュな馬達が揃いました。

一番の注目は ノンコノユメ です。

同舞台であるユニコーンステークスを豪快な末脚で快勝
そしてジャパンダートダービーも快勝と
3歳ダート王の座を手にした馬で
ユニコーンステークスと同様の末脚が見せられれば
ここでも間違いなく勝ち負け出来るでしょう。

問題はGI馬に科せられる58kg

これはかなり酷な斤量でGI前に目一杯の仕上げをすることが
考えづらい点から言うと、末脚が鈍る可能性は大です。

同じ3歳で連勝中の モーニン

前走は条件が上がったにも関わらず
2馬身と今まで以上の着差をつけての勝利

なんと言っても勢いがあり、斤量も55kgで出走できるのはプラス
重賞クラスとの能力比較は未知ですが
この勢いを見ると即通用と考えて良いでしょう。

春には3歳ナンバー1の呼び声高かった ゴールデンバローズ

ユニコーンステークス、レパードステークスと連続4着
春に見せたパフォーマンスは既になりを潜めてしまいましたが
秋初戦となる今回は見直しが出来る唯一の舞台です。

ここで負けてしまうようならしばらく重賞の勝ち負けは無理でしょう。
人気がないのであれば狙う価値があるという事です。

以上の3歳3頭が今回は有力

古馬勢は勢いで大きく劣りますが
古馬筆頭はGI馬 グレープブランデー です。

少しずつ復活の兆しを見せながらやっと前走連対を果たしました。

全盛時の凄みは無くなってしまいましたが
左回りの方が走るタイプで、このメンツなら
十分上位を考えて良いでしょう。

オープンクラスで堅実な走りを見せる ベルゲンクライ

今回は距離短縮となるので、スピード面での対応が気になります。
スタミナが必要な流れになれば一発はありますが
例年のようなスピード勝負だと分が悪いでしょう。

準オープン勝ちの チャーリーブレイヴ 

ここ3戦で2勝と今が充実期
1400m戦を勝ったスピードはここでも大きな武器になります。

近走不振でも実績のある ナガラオリオン

高齢でも東京は走る アドマイヤロイヤル

このあたりも上位陣の破綻があれば、
突っ込んでこられる実力は持ち合わせています。

馬券のポイントは3歳馬の序列です。

今回は無理な穴狙いは禁物
連単系の馬券で攻めないと配当を狙えないレースになりそうなので
上位3頭の中でどの馬を一番上に取るかで
馬券の的中不的中が変わってくるでしょう。

武蔵野ステークスの予想については
無料メールマガジンで公開しています。

土曜日の10時頃に配信する予定ですので
以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えていますし
毎週、勝つ為の予想に徹底した予想を展開しているので
競馬に勝ちたい人は勉強になりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。