不安定要素の多いラキシス、ルージュバックをどう扱う?エ女王杯情報

Pocket

今週のメインレースはGIエリザベス女王杯

古馬牝馬の最強決定戦という位置づけのレースで
昨年の1,2着馬が今年も出走してきます。

昨年チャンピオンの ラキシス 

今年は大阪杯で圧勝するなどポテンシャルは見せていますが
それ以降のレースは歯痒いレースが続いています。
前走の京都大章典でも上がり勝負で伸び負けしました。

昨年の勢いに比べるとかなり落ちているというのは間違いありませんが
出走メンバーを見てみると、強敵は限られた馬となっており
この相手なら非常に組みやすいといえるでしょう。

昨年は内を突いてきたので、今年も枠順は大きな要素を占めそうです。

昨年2着の ヌーヴォレコルト

こちらもGIでは今一歩の成績で終わっていますが
不適距離だったマイル戦、牡馬混合のパワー戦だったことを考えると
実力通りは走っていると判断できます。

前走のオールカマーで力は見せており
今回は牝馬同士の中距離戦という事で好走は必至です。

3歳の中でも潜在能力ナンバー1のルージュバック

現3歳世代の中ではミッキークイーンと並ぶ実力の持ち主ですが
札幌記念を回避、秋華賞を回避と順調度を欠いているのは明らか

普通に考えれば手が出ません。

秋華賞2着の クイーンズリング

秋華賞は前崩れが顕著な競馬で展開に恵まれた点は否めません。
加速力というよりもなだれ込むタイプの末脚で
京都の外回りでどこまでパフォーマンスを落とすかが心配

秋華賞の成績で人気になるようなら避けたい馬です。

府中牝馬ステークスを勝った ノボリディアーナ

前走は好位から抜け出す強い競馬
これまでの成績が冴えないだけにまだ本物とは決められませんが
前走の内容から軽視は出来ません。

府中牝馬ステークス2着の スマートレイアー

前走は内から抜け出しましたが、器用さに欠ける馬
再度内枠を引くようなら、もう一度内差しが見られるかもしれませんが
外を回って差してくるようだと届かずの展開になる確率は高いでしょう。

これ以外にも昨年秋華賞3着の タガノエトワール

牡馬と中距離戦で互角に戦える フーラブライド

も上位陣に破綻があれば、チャンスはあります。

実績馬 メイショウマンボ はもう厳しいですね。

馬券のポイントはラキシス、ルージュバックの取捨です。

伏兵陣は手薄ですが、上の2頭は不安を抱えていたり
順調さを欠いている馬なので、自滅してしまうと穴馬が台頭する

というシナリオも十分考えられます。

この2頭の見極めをしっかりとしたいところですね。

エリザベス女王杯の予想については
無料メールマガジンで公開しています。

日曜日の10時頃に配信する予定ですので
以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えていますし
毎週、勝つ為の予想に徹底した予想を展開しているので
競馬に勝ちたい人は勉強になりますよ。

スポンサードリンク