ベルシャザールの将来性は?2013ジャパンカップダートレース回顧


先週の日曜日はジャパンカップダートが行われました。

今年で最後となるジャパンカップダート。
その最後を飾ったのはルメール騎手騎乗のベルシャザール

日本ダービー3着馬がダートに転身して
わずか6戦で頂点に達しました。

飛び抜けて瞬発力があるわけではない馬ですが
骨太で安定した末脚を使える馬です。

スピードよりもパワーというタイプで
このタイトルをとった後は地方交流重賞へ
歩を進めて行くことになると思いますが
この走りならば十分に通用するでしょう。

またこれだけの相手強化に対応した事は
地力の証明でもあります。

2着のワンダーアキュートは持ち味の
軽いキレのある走りを見せましたが惜しくも2着。
走りは中央向けの走りなので、
東京大賞典はパフォーマンスが落ちるでしょう

期待したホッコータルマエは3着
勝つ可能性は低いが、馬券に絡む確率は高いと
戦前に話しましたが、まさにそれを反映する結果でした。

つまり横綱相撲をして勝てるほどの地力はないという事です。
次走は東京大賞典を予定していますが、
最有力ではあっても、絶対ではないという存在です。

引退戦となったエスポワールシチーは
もっと速いペースで逃げた方が力を出せたと思いますが
自分のレースをして負けたので悔いはないでしょう。

昨年のチャンピオンニホンピロアワーズは
状態面での順調さを欠いた分ですね。
順調に使えてくればホッコータルマエと双璧です。

だらしない競馬をしたのはローマンレジェンド
岩田騎手らしくない消極的な騎乗でした。
ジェンティルドンナの乗り替わり以降精彩を欠いているように見えます。
実力のある騎手なので、復活してくれるとは思います。
馬は底が割れた感があってGIは難しそうです。

ダート馬の場合は地方と中央で適性が変わるので
その辺りを上手く狙っていくと回収率を出せますよ。

スポンサードリンク