競馬予想会社の買って良い有料情報と買っちゃいけない有料情報

Pocket

今回は競馬予想の有料情報で

「買っても良い情報」と「買ってはいけない情報」について

話をしたいと思います。

最初で断っておきますが

競馬予想会社、競馬予想を配信している個人の
ほとんどは嘘、もしくは悪徳業者です。

これらの会社が提供している情報には共通点がありますので
挙げてみたいと思います。

まず一つ目は短期的な情報を売っているところです。

「1レース ○○円」みたいな売り方をしているところですね。

こういった売り方をしている会社は
そのレースを必ず当てる、もしくは高確率で当てる
という事を売り文句にしていますが
それが本当に実現できるのであれば、予想を売る必要がありません。

毎レース100万でも200万でも
借金してでもお金をかき集めて自分でレースを買えば
大儲け出来るはずです。

明らかに矛盾しています。

逆に1レース単位でお金を取っているのに
長期的にプラスに出来ます、と謳っているところはコストがかかりすぎです。

1レース3,000円だとしても
年間で100レース勝負したら経費は30万円

加えて馬券にかかる費用などを考えると
普通の金銭感覚を持つ人は勝負が出来ません。

軍資金が500万円くらいある人ならいいかもしれませんが。

そして、法外な予想料金を提示しているところも赤信号です。

1レース2万円くらいで予想を売っているところが多々ありますし
ひどいところだと1レース10万円というところもあります。

長くビジネスを続けるための条件は「リピーター」を増やす事です。
東京ディズニーランドなどが良い例ですね。

法外な予想料金を求めてくる会社はリピーターを作る気がないと言えます。

これは何を意味するかというと

自分の予想に自信がない、プラス収支を出せる自信がないから
とりあえず登録してくれた数少ない人から
多くの金を奪ってトンズラしよう。

という事を意味します。

そして、会社を潰したり、個人のメルマガを廃刊したりして
また新しい会社名、個人名で情報提供を行って
同じ手法でお金を奪っていく。

これがビジネスモデルです。
(モデルと呼べるかは疑問ですが)

これらの特徴を持つ競馬予想会社や個人ブロガーには
絶対にお金を払ってはいけません。

貴方が痛い目に遭うだけです。

では、有料情報を払う価値のある会社や個人とはどういうものか?

今まで話した悪徳業者と逆の条件を提示しているところです。

・有料の予想提供期間が長い(少なくとも1ヶ月)
・単レースの予想料金が低い(高くても500円以内)

これらの条件で有料情報を販売しているところは

自分の予想でプラスを出せる、メリットを提供できる
この情報を買って間違いないですよ。

という自信を持っていると判断できます。

地道に予想力を上げたいと思っている方へ
メールマガジンで回収率アップ講座を行っています。

登録は無料なので、馬券で勝ちたいという方は是非登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。