ハープスターは大物?阪神ジュベナイルフィリーズ出走予定有力馬情報

Pocket

今週のメインレースは2歳GI阪神ジュベナイルフィリーズです。
朝日杯FSと違って、桜花賞と同じコースなので
毎年有力馬が出走しますが、今年は特にメンバーが揃った印象があります。

中でも最も注目を集めるのは新潟2歳Sで鬼脚を見せた
ディープインパクト産駒のハープスター
規格外ともいえる末脚は超大物を予感させる勝ち方でした。

今回は新潟から阪神へ舞台を移します。
坂のあるコースで、久々のレース
前走と同じだけの脚を使えるのかが焦点です。

ここを勝つと早くも牝馬3冠まで見える楽しみな馬です。

実績では3戦3勝、重賞2勝のホウライアキコです。
小倉2歳S勝ち馬は歴代地味なイメージがありますが
デイリー杯でも押し切った内容は評価出来ます。
安定感という意味ではメンバー中随一でしょう。

その他重賞勝ち馬が3頭
函館2歳Sを勝ったクリスマスは1200mの勝ち方が強烈だっただけに
1600mは大きな課題となるでしょう。
アルテミスSを勝ったマーブルカテドラルは走りには安定感がありますが
新潟2歳Sはハープスターに完敗で能力がどこまで通用するかでしょう。
札幌2歳Sを勝ったレッドリヴェールは当日の札幌の馬場が
あまりにも特殊な馬場だったため、良馬場でどこまでやれるかが課題。

ファンタジーS勝ち馬のベルカントは朝日杯FSへ挑戦するので
出走しませんが、今年の重賞勝ち馬がズラッと揃っています。

そして怖いのは1勝馬。
ウオッカもブエナビスタも1勝でこのレースを勝っています。

レースの見所も馬券の攻め所もハープスター次第でしょう。
この馬をどう見るかで全てが変わってきそうです。

週中の追い切りを含めた陣営の気配から
レースを紐解いていくことにしましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。