逃げ馬に有利なレース|2015スワンステークス有力馬分析

Pocket

今週土曜日に行われる重賞はマイルチャンピオンシップの前哨戦

「スワンステークス」です。

昨年はミッキーアイルが勝利

その前はコパノリチャードが勝利して、3年前はテイエムオオタカが2着と
逃げ馬に有利な舞台設定となっているレースです。

今年の出走馬で一番人気を集めそうな馬が フィエロ です。

昨年は3着に敗れましたが、最速の上がりを駆使するなど
コース相性は良く、地力も今回のメンバーでは上です。

ただ、勝ちきれない弱みに加えて
勢いがなくなってきている点は気になります。

相手からは外しづらい馬ですが、本命には出来ません。

先行力でアドバンテージを取れそうな3歳馬 アルビアーノ

前走は負けたものの、ここまで見せたパフォーマンスは本物で
逃げ馬有利の展開になるなら見逃せません。

ただ、この馬は厩舎の力が弱い為
大舞台で活躍するタイプの馬ではありません。
関西遠征も非常に不安ですね。

一昨年のチャンピオン コパノリチャード

この馬は現在不振にあえいでいますが
能力はここでも十分に通用します。

パワータイプで阪神の方がいいですが
前走より距離が伸びる事はプラス

まだ見限るのは早いでしょう。

スプリンターズステークスで10着に敗れた ティーハーフ

この馬の場合は展開が最大の的となります。
どれだけいい競馬をしても前残りなら出番はありません。
差し競馬を想定したときにはじめて候補にあがる馬です。

今年の阪急杯を勝った ダイワマッジョーレ

コパノリチャード同様、この馬も不振にあえいでいます。
追い込みが定着した点は決してプラスとは言えず
今回もかなり信頼度の低い存在となります。

馬券からは必要ないでしょう。

昨年のこのレースで2着に入った サンライズメジャー

ダイワメジャー産駒ながら、京都コースはよく走る馬
東京・阪神で負けておいて、得意の京都で巻き返し
馬券妙味もあり、当然重い印がつく馬です。

阪神牝馬ステークス2着の ベルルミエール

スピードが勝ったタイプで、1400mが最適の距離。
条件としては最高に近い条件が揃いました。

ただ、騎手がずっと川島騎手なので
もっといい騎手への乗り替わりが望まれます。

その他にも実績のある リトルゲルダ、ローブティサージュ

勢いのある オメガヴェンデッタ

など、確固たる本命馬が不在で難しい一戦となりそうです。

予想は無料メールマガジンで行っているので
以下をクリックして登録して下さい。
(土曜日10時頃配信)

回収率はもちろん100%を超えていますし
馬券で勝つためのノウハウを伝えています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。