サイレンススズカの冠の乗せ2013金鯱賞、ステイヤーズS予想

Pocket

行われる重賞はステイヤーズSと金鯱賞です。
一つずつ予想していきましょう。

ステイヤーズS 勝負度合い 15%

是非とも当てたいと言いつつも
メンバーが低調で非常に検討が難しいレースです。

加えて昨年は10歳馬トウカイトリック
一昨年は8歳馬マイネルキッツ
と超高齢馬が勝っており、能力よりもキャリア
インサイドワークにも似た能力が必要になります。

能力で人気になるであろうユニバーサルバンクや
エックスマーク、デスペラードは配当のバランスが取れない危険馬です。

本命は フェデラルホール です。

中山コースに高い適性を示している訳ではありませんが
福島の2,600戦で連対しているように小回りは得意な馬です。

中山得意のステイゴールド産駒で1枠1番からロスのない
競馬が出来れば、あっと言わせるシーンは十分に考えられます。

相手は何が来てもおかしくないメンバーなので
ここは単複でいきたいところです。

ステイヤーズSは難しいので、勝負は金鯱賞です。

金鯱賞 勝負度合い 65%

このレースのいいところは人気になりそうな馬が怪しいところです。
オーシャンブルーは近走不振、底力がそもそも疑問です。
ウインバリアシオンは抜けた力を持っていますが
屈腱炎明けで17ヶ月ぶりのレース、今回は叩き台。

この2頭を外すだけで高い配当が期待できます。

本命は トゥザグローリー です。

普通に考えるとメイショウナルトとラブリーデイあたりですが
メイショウナルトは前走の惨敗から一気に巻き返しが出来るか疑問
実力があっても一変はなかなか難しい事です。
ラブリーデイは切れ味に欠ける馬で頭までは疑問。

トゥザグローリーは順調とはいかないまでも
冬場には強い馬で地力も十分。
穴を開けるならここだと思います。

最後まで本命に迷ったのはフラガラッハ。
距離はマイルの方がいいですが、部類の中京巧者で
展開がハマる可能性は十分です。

2頭狙いたい馬がいるので、2頭の単勝で勝負です。
トゥザグローリー6:フラガラッハ4の割合で買いましょう。

どっちに転んでも回収率500%は期待できます。
2頭のどちらかが大駆けしてくれるでしょう!!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。