2013ジャパンカップダートの出走予定有力馬の追い切り・気配チェック


今週はジャパンカップダートが行われます。

今年のGIの中で一番面白いメンバー構成だと言えます。
オルフェーヴルのようなスターホースは存在しませんが
勢いと実績、充実度とすべての要素を備えた馬が揃っています。

それだけに臨戦課程や陣営の裏の気配が気になるところです。
1頭ずつ分析をしていきましょう。

【ニホンピロアワーズ】
今週の追い切りはかなりいい動きだったと陣営は話すが
秋は帰厩後、体が戻らずJBCクラシックにも出走できなかった。
良くなったといっても、昨年の状態には及ばないという見解が妥当
あとは地力をどこまで信頼するかだが、人気面を加味しても軸には不適当

【ホッコータルマエ】
今年に入って地方GIを勝ちまくる最も勢いのある馬
調教は派手に動いたわけではないが、秋2走を見ていても
状態面の充実は明らかでメンバー中最も信頼度の高い馬

【エスポワールシチー】
一時期の低迷を経て今年華麗に復活
ホッコータルマエ同様秋の2戦は安定した走りを見せていて
状態面での不安はないと見て良い。
あとは中央のスピード馬場でどれだけやれるか。

【ローマンレジェンド】
最も勢いがあった昨年は4着、勢いはここに来て頭打ちだが
今年はココを狙ったローテーションで状態面は問題なさそう。
陣営の気配を見ると急上昇とまではなさそうだが
昨年より勝負気配は上とみていい。

【ワンダーアキュート】
年齢によるズブさを見せており、調教は動いていないが状態面は平行線と見ていい。
地方の深い馬場より中央の軽い馬場が得意な馬なので
前走より2割増しの実力で考えた方が良い。

【グレープブランデー】
昨年はこのレースをきっかけに復調していき今年のフェブラリーSを勝利
叩き良化型ということで、秋2走を使ってきたが
陣営の気配をみると思ったよりはよくなっていない印象。
今回はフェブラリーSよりも2割引きで考えたい。

【ベルシャザール】
武蔵野Sを快勝、今回キングカメハメハ産駒が5頭出走を予定している中で
ダートに活路を見いだしてきた馬。
レースは使っているので状態面は平行線、ただ勢いがある分軽視が出来ない。
末脚がスバっと切れるタイプではないので、その点はマイナス

【ブライトライン】
みやこSを制して勢いは十分だが、陣営は気性面の不安をあげる。
走りを見ても、距離はもう少し短い方がパフォーマンスは高く
メンバーのレベルが上がるここは静観が妥当。

状態面と人気面を加味していけば、買うべき馬が絞れてきそうです。
予想は当日公開したいと思いますので
枠順発表を待ちましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。