ディープ産駒の鬼門中山芝2200mにサトノラーゼンが挑む!

Pocket

今週の中山メインレースはセントライト記念

菊花賞へ繋がるステップレースです。

例年神戸新聞杯よりもワンランク下の馬が出走してきますが
今年は日本ダービー2着馬 サトノラーゼン が出走を予定しています。

デュラメンテが戦線離脱をしたので
現3歳世代ではトップの実績を持っており
注目を集めるレースとなることは間違いありません。

しかし、中山2200mというコースはディープ産駒にとっては鬼門

なぜかというと
スタートしてから坂を上り、直線で坂を上るタフなコースで
直線も短いので各馬が早めの仕掛けを見せて
持久力が必要なレースになるからです。

サトノラーゼンは京都新聞杯を内枠から好位で運んで勝利
日本ダービーも内枠からロス無く進んで2着と
好走は内枠でロス無く競馬をしてのもの。

今回はどの枠に当たるかはわかりませんが
非常に危険な人気馬です。

他の日本ダービー出走組からは キタサンブラック 

スプリングステークス1着、皐月賞3着からも分かるように能力はある馬で
日本ダービーでは直線が長い事がマイナスに働きました。

適性はまだ計りかねますが、現時点では中山の方が適性は高く
コース替わりは歓迎ですが、母父サクラバクシンオーという血統背景で
坂越えを2度経験するコースはタフに移り、厳しい戦いになりそうです。

日本ダービーで穴人気になった タンタアレグリア

中山では1戦して着外1回
ゼンノロブロイ産駒らしく素軽さはなく、中山の適性は疑問
菊花賞で狙いたいタイプの馬ですね。

日本ダービーで逃げた ミュゼエイリアン

日本ダービーでは逃げ不発となっただけで悲観する内容でありません。
阪神の重賞を勝っているように、今回の舞台はマイナスにはなりません。

ダービー組では一番期待値の高い馬です。

日本ダービー組は不安要素が多々あるので
皐月賞出走組に目がいきます。

弥生賞2着の ブライトエンブレム

ネオユニヴァース産駒らしく典型的なパワーホース
皐月賞以来の実戦は気になりますが
適性・能力共にここではトップレベルの馬です。

小倉記念を使った ベルーフ

こちらもパワーホースで中山は得意
前走で早熟でない事も証明できたので
ここは陣営の気配も高いでしょう。

この馬も期待が出来ます。

その他条件戦を勝った スモークフリー

2連勝の ロッカフェスタ

なども伏兵としてスタンバイしています。

馬券の焦点はサトノラーゼンをどう扱うか

この1点に尽きます。

予想は無料メールマガジンで行っているので
以下をクリックして登録して下さい。
(日曜日10時頃配信)

回収率はもちろん100%を超えています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。