凱旋門賞回顧、これからの日本馬の可能性について


2013凱旋門賞写真

日本の競馬ファン全員が期待を持って見たであろう凱旋門賞
結果はフランスの3歳牝馬トレブに完敗。
オルフェーヴルは2着、キズナは4着となりました。

細かいレース内容についてはスポーツニュースに
書いてあるかと思うので、私はオルフェーヴルとキズナの
適性や将来性について話したいと思います。

オルフェーヴルはやや窮屈なレースをしましたが
力を出した上での敗戦でした。
レースは生き物なので、今回の着差で力の上下は計れないと思いますし
力はトレブとは遜色ないと思います。

ただ、凱旋門賞レース前にも話をしましたが、
昨年のオルフェーヴルよりは力が落ちています。
その最大の理由は、今年初戦の大阪杯に凄味がなかったから
器用に立ち回って順当に勝ちましたが
オルフェーヴルの持つ狂気じみた凄味がなくなっていました。

丸くなったといえば聞こえはいいですが
爆発力は影を潜めてしまい、本来の持ち味を失ってしまったと言えます。
今年で引退をさせてあげてほしいと思います。

帰国後はどのレースに出走するかわかりませんが
もともとパワー型なので、東京よりも中山の方に適性があるのは
間違いなく、有馬記念の方が好走の確率は高いでしょう。

そして、もう一頭の出走馬キズナですが
こちらはほぼパーフェクトな騎乗をしての4着。
敗因は馬場適性に尽きます。
東京の2,400mであれば、今回のメンバーでも
キズナが勝ったのではないかと思います。

もともとディープインパクト産駒は軽い馬場が得意で
思い馬場だと持ち味がそがれる馬が多いです。
とりわけキズナはその代表的な存在で、ロンシャンの馬場では
極上の切れ味は封印されたままでした。

それでも4着に来るということはキズナの能力の高さを
浮き彫りにした結果だと言えます。
帰国後は状態面さえよければジャパンカップに出て欲しいと思います。
ジャパンカップなら今回のメンバーでも一番勝利に近いくらいの
能力を兼ね備えていると考えています。

今回のオルフェーヴルとキズナは
ステイゴールド産駒とディープインパクト産駒の
置き換える事が出来ます。

パワー型で推進力に優れ、重い馬場をこなすステイゴールド産駒
瞬発力型でスピードに優れ、軽い馬場が得意なディープインパクト産駒

凱旋門賞を取るにはステイゴールド産駒の条件が絶対です。
ディープインパクト産駒はいくら能力が高くても
凱旋門賞を勝つのはなかなか難しいでしょう。

今後再びステイゴールド産駒の大物が出てきたら
今度こそ夢の凱旋門賞制覇を成し遂げてくれる
そう信じたいです。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。