2013ジャパンカップの出走予定有力馬の追い切り情報と気配

Pocket

調教を見るとどの馬も陣営としては気配が良さそうなコメントが並んでいます。
言葉に出ていないところを予想することで気配を感じましょう。

【ジェンティルドンナ】
昨年の覇者で今年未勝利、石坂調教師は「勝つ」と言い切っています。
天皇賞を叩いての2戦目なので、状態の良さという点は
間違いのないところで、陣営の強気はこの距離とコース適性に
あるのではないかと思います。
馬券圏内は堅いところでしょう。

【ゴールドシップ】
前走の京都大賞典は「追い切り動いてまさに完成の域」
という陣営の評価でしたが、今回も同等の評価を与えていいでしょう。
この馬の場合は状態面云々ではなく、レース展開。
日本ダービーは5着とスピード勝負になりやすく
府中競馬場は明らかに不向き。地力でとこまで立ち向かえるか

【エイシンフラッシュ】
追い切りでは僚馬を7馬身ちぎるというパフォーマンスを披露
毎日王冠、天皇賞と東京コースを2回走ってきて
ここがメイチの気配を感じる。
あとはムラな面が顔を出すかどうかだけ
過去のJCは掲示板にすら入れていない現実もある。

【デニムアンドルビー】
陣営は変わらずに好調という評価を与えているが
秋4走目でGI3戦目、まず上がり目はないと考えて良い。
条件は魅力も軽視せざるを得ない。

【ルルーシュ】
陣営からは藤沢厩舎流のソフトな調整が見て取れる。
得意のこの条件ではメイチに仕上げて欲しいという
物足りなさはあるが、東京コースは大得意で
ひもとしてなら、十分に足りる。

【アドマイヤラクティ】
ルルーシュと同様、G2・G3レベルでこの条件なら十分に主役を張れる馬。
陣営は切れ味勝負では厳しいので、スタミナのつく
流れになってほしいとコメントしており
ゴールドシップと似たような課題を抱えている。
あとは能力が足りるかどうかの点に尽きる。

【トーセンジョーダン】
一時期の輝きをなくしてしまったが、能力的には
ジェンティルドンナ、ゴールドシップに
一泡吹かせられるだけのものを持っている馬。
心身の回復がどこまでかという点に尽きる。
陣営のコメントを見るとまだ慎重さを伺えるが
爆走した時の抜けは検討に入れておいたほうが良い。

【アンコイルド】
夏から使い詰めだが、まだまだ陣営は上昇をアピール
状態面もさることながら、今が成長期。
前走も強敵相手に好走しており
穴馬としては十分に狙える。

外国馬は取り上げませんでしたが
今やジャパンカップは日本馬の強さを誇示するだけのレース。
取り上げる必要はないと判断しました。

外国に日本の強豪馬が向かっていく時代ですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。