ドバイ帰りの馬は買い?2015ユニコーンステークス出走予定有力馬

Pocket

今週の東京メインレースは3歳ダートチャンピオン決定戦ユニコーンステークス

昨年はアジアエクスプレスが出走して、惨敗しましたが
今年も断然人気を背負いそうな馬が出走します。

その馬の名前は ゴールデンバローズ 

前走はドバイで3着、国内のダート戦は3戦3勝
しかも、1.4倍、1.3倍、1.3倍と圧倒的人気で勝ち上がりを果たしている点は
この馬の能力を証明しているといえます。

あとは状態面だけ。

3歳でドバイ遠征をするという事は負担が少なくありません。
実績からはここでも圧倒的な人気が予想されるので
馬券としてはあまり美味しい存在とはいえません。

最後の押さえとして来たらプラマイ0、来なければ大きなプラス
というような馬券構成をするのが現実的だといえます。

この馬を本命におかないので、他馬の分析が重要となります。

話題性で言えば真っ先に名前が出てくる ブチコ

ダートは3戦2勝と底は見せていません。
キンカメ×サンデーの黄金配合で前走からの巻き返しは十分に考えられます。

が、坂があり、直線の長い東京ダートマイル戦はスタミナが必要
過去に牝馬の活躍が少ない事を見ても、有利な舞台ではありません。

昇竜S勝ちがある アキトクレッセント

この馬の長所・持ち味は先行力
前走で200m延長となった府中でのレースは粘れなかった点が不安材料
ウォーエンブレム産駒でためて伸びるタイプではなさそうなので
当日の展開と鞍上の乗り方一つといえます。

そのアキトクレッセントに前走で先着した アルタイル

戦績から見るとアキトクレッセントと互角の評価を与えられますが
こちらはカネヒキリ産駒である程度後ろで競馬が出来るタイプで
融通は利くタイプ、複勝圏内という点では信頼度は上です。

前走で上の2頭を負かした ノンコノユメ

こちらは1600~1800mで実績を作ってきた馬で差し馬です。
中山ダート1800mで追い込みを決めているように
ツボにはまれば破壊力があります。

こちらも展開一つでしょう。

上の3頭のうちどの馬を買うかで
相手馬も決まってくるでしょう。

中央場所では3着を外していない タンジブル

成績だけ見ると堅実でまとまっていますが
走ったコースは中山のみ、前走は園田で負けており
適性に偏りがある可能性が高い馬です。

厩舎の力も弱く、不安要素が大きいといえます。

鳳雛ステークス2着の ラインルーフ

京都・阪神での実績しかありませんが、
レベルの高い関西馬はノーマークには出来ません。

ですが、レースのインパクトは弱く
あまり過剰に人気するようなら鞍上込みで敬遠したい存在です。

条件戦ながら東京マイルを勝って臨む ダイワインパルス

前走の内容はとても優秀でオープン実績がなくても
十分に戦える馬です。

その他、このレースには条件戦を勝ち上がった馬が多数出走します。

注目は断然人気が予想されるゴールデンバローズがどのような競馬をするのか?

これによって展開が変わってくるので
枠順が決まったらまた考察したいと思います。

予想は無料メールマガジンで行っているので
以下をクリックして登録して下さい。
(日曜日10時頃配信)

回収率はもちろん100%を超えています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。