2015函館スプリントステークス出走予定有力馬|万馬券を狙うレース

Pocket

今週のメインは函館スプリントステークス

いよいよ夏競馬開催となる重賞の幕開けです。

登録馬全体を見渡すと頭打ちの実績馬がズラリと揃っており
一見して万馬券を狙っていくようなレースになることが想像できます。

1頭ずつ紹介していきましょう。

主役は コパノリチャード

高松宮記念を勝利している馬ですが
その後の走りを見ると1200mは短いことが分かります。

またパワー型で小回りがきかないタイプなので
函館1200mという舞台は向きません。
出走してきたら迷わず切りですね。

対するは アンバルブライベン

前走の高松宮記念では15着と大敗しましたが
昨年から京阪杯、シルクロードSと重賞を2勝

今回も逃げに出ることは明確、開幕週・小回りとこの馬に
好材料が揃いますが、洋芝が合うかどうかが最大の焦点

阪神や中山ではまったく走らない非力な馬なので
過剰な人気になるようなら疑いたい馬です。

実績では スマートオリオン が台頭します。

ですが、昨年の走りが既にインパクト不足
年を重ねて好転するわけもなく、馬券には入れづらいです。

次に セイコーライコウ

こちらは長期休養明けとなりますが
昨年は重賞を勝つなど、まだ能力は保っています。

休み明けが嫌われるようなら十分に買える馬です。

マジンプロスパー、エーシントップなどは近走不振を極め
穴としても買うのは難しいです。

次に目がいくのは3歳馬

ファンタジーステークスを勝った クールホタルビ

重賞勝利後は4戦連続2桁着順
ファンタジーステークス自体も人気薄でのもので
地力を見せられていない点はマイナスです。

タガノアガザル にも同様のことがいえます。

ファルコンステークスの内容が
内目・前残りの馬場を最内で流れに乗った形で
このレースは全てが上手くいった印象

地力面には疑問符がつきます。

可能性があるとしたら レオパルディナ

桜花賞は惨敗しましたが、この馬の走りから適距離は1200m
条件は間違いなく好転するので、ここは戦えるでしょう。

最後に馬券の肝となりそうな上がり馬をあげておきます。

連勝中の ティーハーフ

3歳時からポテンシャルを見せていた馬ですが
距離を1200mに固定して力を発揮してきました。

一時は後方差し一手の融通が利かない馬でしたが
今はポジションもとれるようになってきました。

ある程度外の枠で、自由に競馬ができれば勝機はあります。

前走オープン5着の カハラビスティー

この馬が魅力的なのは小倉・福島という小回りで結果を出している点
ダイワメジャー産駒なので、ある程度のパワーも見込めるので
函館もマイナスにならない可能性が高く
舞台適性という点では今回ナンバー1といえる馬です。

今回は実績馬、3歳馬、上がり馬とどの馬も一癖あるメンツ
各馬の適性を見極めた上で、しっかりと展開を読んでいかなくてはいけません。

予想は無料メールマガジンで行っているので
以下をクリックして登録して下さい。
(日曜日10時頃配信)

回収率はもちろん100%を超えています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。