2013マイルチャンピオンシップ有力馬の追い切りと気配

Pocket

今回のマイルチャンピオンシップは実力が非常に拮抗していて
難しいレースであることは話をしましたが
有力馬と呼べる馬が10頭はいる難解なレースです。

では、1頭ずつ見ていきましょう。

【ダノンシャーク】
昨年のマイルCSは補欠繰り上げでの出走だったため
びっちり仕上げられなかったが今回はビシっと仕上げてきたと陣営。
メンバーでも屈指の安定感は魅力で、どの競馬場でも走れる
器用さと精神力を兼ね備えている。
あとは勝ちきれるだけのものがあるかどうか。

【トーセンラー】
今回初めての距離と言うことで調教方法を変えてスピード仕様を施した。
本来であればレースで教え込むのがベターだが、このあたりの
取って付けた感は非常にマイナス。
地力上位でコース巧者なのは間違いないところで
上のハンデをどこまで払拭出来るかが問題。

【サダムパテック】
調教で物凄く動く馬ではないが、前走が仕上げ途上での出走だったため
今回は上積みが十分に見込めるとのこと。
馬自身は気分屋な面もあるが、京都コースは得意で
気持ちが乗ってくれば好走は十分に考えられる。

【ダイワマッジョーレ】
調教師・騎手共にこの馬の状態に太鼓判を押す。
ローテーションもゆったりしていて春よりも状態は上である事は明白。
ダノンシャークと課題は被るが、安定感が武器で勝ちきれない弱味がある。
抜けたメンバーがいない今回はチャンス。

【コパノリチャード】
今回も単騎逃げが濃厚で陣営は煙幕をはっているきらいがあるが
非常にいい状態で出走することが出来そう。
前回は人気薄で勝利したことで、今回どれくらいマークがきつくなるか
という展開面とこの馬が持っている気性面が問題。
恵まれれば勝利も十分にあり得る。

【グランプリボス】
追い切りではアンコイルドを相手に強めに追うも遅れ
陣営も良化途上と厳しい判断を下している。
が、もともとムラな面がある叩き良化型なので
今回は十分にチャンスがある。

【カレンブラックヒル】
動きとしてはズブさが出てきている面は陣営は気にしている。
能力としてはこのメンバーでも屈指の物があるが
馬自身がバランスを崩して悪いバイオリズムにいる印象。
フェブラリーSの参戦が悔やまれる。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。