モーリスら上がり馬が席巻か!?2015安田記念出走予定有力馬

Pocket

今週のメインレースは安田記念
春のマイル王決定戦です。

今年は面白いメンバーが揃いました。

早速有力馬を紹介していきたいのですが、
今回は上がり馬に魅力的な馬が多いので
実績馬からではなく、上がり馬から紹介しましょう。

ダービー卿チャレンジトロフィーを勝った モーリス

前走の勝ちっぷりも、前々走の勝ちっぷりも優秀で
GIに手が届くレベルの馬である事を見せつけました。

能力は足りますが後は舞台適性です。

祖父グラスワンダーから受け継がれたパワーがこの馬の最大の持ち味
東京で息の長い末脚を使えるのかどうか。

父スクリーンヒーローは府中が得意だったので
通用しないとは断言出来ませんが、中山のハマりっぷりをみると
東京替わりはマイナスであると断言出来ます。

これで東京も苦にしないようなら化け物ですね。

東京新聞杯を勝った ヴァンセンヌ

東京新聞杯も良い内容でしたが、2着と敗れた
京王杯スプリングカップの内容が秀逸でした。

前残りの競馬を後方から追い込んだ脚はここでも上位
GI初挑戦となりますが勢いは一番と言えます。

もう一頭の上がり馬は レッドアリオン

この馬は昔から走っていますがここに来て本格化
もともとパワー型で阪神・中山に適性のある馬ですが
前走は京都のスピード勝負で見事勝利

苦手な舞台で勝った点は能力の充実を表します。
東京も得意とは言えない舞台ですが、
今の充実ぶりなら通用してもおかしくありません。

上がり馬3頭はかなり強力ですが、迎え撃つ実績馬を見てみます。

NHKマイルカップを勝った ミッキーアイル

今年は距離短縮を試みて勝てないまでも結果を残しています。
と、ここで課題となるのは距離延長となるマイル戦。

京都や中山なら距離は持ちますが、スタミナの必要な東京マイルは
この馬にとってマイナスな舞台です。

1200mから挑むという点もマイナスで危険な人気馬だと言えます。

マイルチャンピオンシップ2着の フィエロ

前走のマイラーズカップではいかにも試走といった走りで
馬の体力も十分残っており、体調も上向くでしょう。

パンチ力不足な点はありますが、特段マイナスのない馬です。
当然、相手としては外せません。

マイルチャンピオンシップ勝ち馬 ダノンシャーク

こちらもフィエロ同様、前走は試走といえるレースぶり
ここに標準を定めているのは明白で
東京マイルで仕上げてくるでしょう。

この馬も外せない馬ですね。

皐月賞馬 ロゴタイプ

この馬は中山専用機といえるくらい
脚質や馬のタイプなど、中山に適用した馬です。

東京替わりのマイナス度は多く、この舞台では通用しないでしょう。

他ではNHKマイル勝ちの カレンブラックヒル

東京マイル大得意の クラレント

日本・海外でGI勝ちの リアルインパクト

など、東京で実績のある馬が多数出走

脇役陣も決して侮れない馬ばかり

混戦でありながらレベル高い戦いが見られそうです。

予想は無料メールマガジンで行っているので
以下をクリックして登録して下さい。

回収率はもちろん100%を超えています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。