今週はマイルチャンピオンシップ|有力馬チェックと馬券焦点をお届け

Pocket

今週のメインレースはGIマイルチャンピオンシップ

このレースを一言で言えば「大混戦」

どの馬からでも狙いが立つようなレースで
馬券的にも見る立場でも面白いレースになりそうです。

まずは昨年のチャンピオンホース、サダムパテックが登場

もともと昨年の勝ちが一発かました、みたいなイメージがあるだけに
その後も目立った成績は残せていませんが
前走のスワンSでは復調を感じさせる3着
今回はベストの距離とコースである事は間違いありませんが
期待と不安が半々といったところでしょうか

そのサダムパテックにスワンSで勝利したコパノリチャード

前走は展開がはまった感はあり、連続の好走は確率が低いですが
混戦時の逃げというのは非常に不気味。
展開さえはまってしまえば再び好走もありえます。

スワンSで2着に入ったダイワマッジョーレ

どのレースでも堅実に走ってくるタイプの馬ですが
GIの大舞台では足らないという印象。
今回は力をつけたのかどうか、その点に注目です。

そのスワンSで惨敗した昨年2着のグランプリボス

底力があり、走りも安定してきたかと思いきや前走の敗戦。
つかみどころのない馬の典型ですが、だからこそ
ここでも捨てきれないという点があります。
状態面は問題ないはずなので、気持ちの問題でしょう。

別路線で気になるのは富士S快勝のダノンシャーク

こちらもメンバーを問わず毎回好走をする堅実な馬
春は安田記念でも好走しており、GIでも通用する力を
手に入れているという期待が大きい馬です。

もう1頭気になるのは、京都巧者トーセンラー

マイルを走るのはデビュー以来初めてという半分チャレンジともいえる挑戦
マイルCSを狙うのであれば、本来は前哨戦で短い距離を走るのが
定石ですが、その準備不足がどう出るか。
底力はこのメンバーでも上位なので、距離をクリアできればチャンスがあるでしょう。

その他も色気のある馬が満載。
マイル実績のあるリアルインパクト、牝馬代表ドナウブルー
一時はマイルの王様になるかと思われたカレンブラックヒル
マイル重賞多数クラレント、今年の成長著しいサンレイレーザー

どの馬からでも狙えるGIです。
楽しみにしましょう。

スポンサードリンク