レッドアリオンは阪神・中山巧者なマイラー|特徴と得意な条件を分析

Pocket

2015マイラーズカップを勝利した レッドアリオン

3歳、4歳時は重賞での勝ち負けも厳しかった馬ですが
徐々に力をつけ、GIまで見えるところまでやってきました。

と言う事で、この馬の特徴を簡単にまとめたいと思います。

この馬の特徴を一言で言うと

『パワータイプのマイラー』

元来アグネスタキオン産駒は軽い走りをする馬が多く
グランデッツァのようなスピードタイプの馬が多い傾向にあります。

が、レッドアリオンは力の要る馬場(阪神競馬場や中山競馬場)が得意です。

マイラーズカップを勝つまでは中山で好成績を収めていた事からも明らかです。

では、なぜ京都のマイル戦で好走したのか?

一つには展開が向いたという事が挙げられますが
本質的な原因は “地力が上がったから” です。

レッドアリオンはどちらかというと得意不得意が偏っているタイプです。
(中山は好走、京都は凡走の傾向がはっきりしている)

そのレッドアリオンが強豪相手に重賞を勝ったという点は評価に値します。

距離はマイルが最適です。

これは過去の成績が物語っていますし
アグネスタキオン産駒という点も根拠の一つとなっています。

脚質は差しよりも先行の方が持ち味を発揮出来ます。

決して瞬発力のあるタイプではなく
徐々に力で押し上げていくタイプ

どうしても速い脚の上がり勝負となるとスピード負けするので
前々から地力で粘りこむ方が、勝利の確率は上がります。

スタートにはやや難のあり、二の足もそれほど速くない馬なので
速いペースで先団に取り付けるかという点は不安があります。

スローペースが想定されるときは買えますが
ハイペースが想定されるときは脆さが見受けられます。

成長ラインとしては「晩成」といえます。

3歳時もNHKマイルカップに駒を進めるなど
実力の片鱗は見せていましたが、
重賞でいい走りが出来るようになったのは5歳を過ぎてから。

ここにきて充実期を迎えており、急激な衰えは心配ないでしょう。

重馬場適性は「平均よりやや下」と言えます。

走りの内容からはからっ下手とは断言出来ませんが
稍重以下の馬場での実績があまりにも悪いのは事実

馬場が悪いときには一枚割引をしておきたいところですね。

以上がレッドアリオンの特徴です。

このブログでは馬や種牡馬、コースの分析を行っていますが
これらを総合的に組み合わせた馬券攻略については
メールマガジンで行っています。

無料で登録出来るので、馬券でプラスが出ていないのであれば
登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック