2015京都新聞杯出走予定有力馬【想定】|ポルトは好走出来ない?

Pocket

今週土曜日の重賞レースは京都新聞杯

日本ダービーへと続くトライアルレース
一昨年キズナがこのレースをステップに日本ダービーを制した事で
より一層重要度が増してきました。

今年も皐月賞に間に合わなかった馬が揃いました。

皐月賞に出走したのは2頭

最先着は8着の ダノンリバティ 

ダノンリバティは皐月賞を0.9秒差8着とまずまずの成績
爆発力があるタイプでもなく、安定して走るタイプなので
この馬が指標となるでしょう。

もう一頭は9着の スピリッツミノル

この馬は逃げもしくは先行の馬なので
展開さえハマってしまえば、上位台頭は十分でしょう。

それ以外で一番に目を引くのは ポルトドートウィユ

若葉ステークスではまさかの4着と馬券圏外へ外れましたが
ここはしっかりと狙ってくるでしょう。

ただ、走りの内容からは決してパフォーマンスは高くなく
内枠を引いて直線なだれ込むような競馬にならないと難しいでしょう。
人気でしょうが、危険な存在だといえます。

弥生賞で上位人気に支持された トーセンバジル

新種牡馬ハービンジャー産駒でスピードよりもパワーが勝ったタイプ
京都の馬場でどのような展開になるかが焦点ですが
スピード競馬になるようなら、かなり危険だといえます。

ポルト以外にディープインパクト産駒が4頭登録しています。

アルバートドックは毎日杯4着
毎回0.2秒以内に収まるなど、堅実に脚を使うタイプで
混戦には向いているタイプ

グリュイエールは重賞の3度挑戦していますが、いずれも0.5秒差以内。
今回は距離延長でもっと良いパフォーマンスを見せる可能性が十分

サトノラーゼンは8戦して全て3着以内
京都での勝ち星もあり、先行しての粘り込みに期待できます。

ジェネラルゴシップは500万で苦戦している馬
ここは少し家賃が高い印象があります。

これらの馬以外にもキンカメ産駒の サトノアッシュ、オメガゴールドレイ

ハービンジャー産駒の スワーヴジョージ、ゼンノブレーメン など

実績よりも血統がしっかりしている馬が集結

良血馬がダービーの切符をかけて争う。
そんなレースが期待できます。

私の予想は土曜日の10時過ぎにメールマガジンにて公開しています。

登録は無料なので、以下をクリックして登録して下さい。
高い回収率を出す予想を体感してみて下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック