2015NHKマイルカップ出走予定有力馬【想定】|主役不在!?

Pocket

今週のメインレースはGINHKマイルカップ

3歳マイル王決定戦です。

が、今年はあまりにもメンツが弱い。
一瞬G3かなと思うくらいレベルが低いメンバーが集まりました。

どの馬にもチャンスがありそうなレースですが
主力とされているメンツから紹介をしていきましょう。

まず最も重要なトライアルである
ニュージーランドトロフィーの勝ち馬 ヤマカツエース

前哨戦を勝ちましたが、レースを上手く進めたという印象
アーリントンカップ6着、ファルコンステークス3着と
地力の高さを裏付ける成績もパフォーマンスもありません。

どこまで人気になるかは分かりませんが、当然信用には足りません。

対して2着 グランシルク の前走は好内容でした。

パフォーマンスの高さから素質の高さを感じますが
前走の大出遅れは頂けません。

東京はデビュー戦以来でまだ適性は掴めませんが、
ステイゴールド産駒は総じて東京が苦手な馬が多く
前走の内容から簡単に飛びつくことは出来ません。

3着 アルマワイオリ もGI2着という実績があり
今回のメンバーでの地力の高さは担保できている馬です。

ただマツリダゴッホ産駒らしく、瞬発力のある馬ではなく
東京でスピード競馬になった時の不安はあります。

次にファルコンステークス組を見てみましょう

2着馬 アクティブミノル は登録がなく3着はヤマカツエースなので

勝ち馬 タガノアガザル に注目が集まります。

ただ、前走は内枠、前残りの競馬に乗じて勝った形で
単勝人気も70倍を超える超人気薄だったことから
連続での好走は難しいという見解が妥当です。

トライアル組が不安要素を抱えているので別の重賞から臨む馬に注目が集まります。

中でも最注目はフラワーカップ勝ちの無敗馬 アルビアーノ

強い内容だったので、能力はあると判断できますが
フラワーカップは逃げ切り勝ち。

今回は逃げで通用するのか、そして桜花賞を回避した分、体調がどうか。
このあたり不安要素は満載だと言えるでしょう。

いちょうステークス勝ちの クラリティスカイ

弥生賞では見せ場がありませんでしたが
皐月賞では5着と力を見せました。

クロフネ産駒なので、血統面での不安はありますが
同じ舞台の重賞勝ちがあるので無視出来ません。

シンザン記念勝ちの グアンチャーレ

こちらはスクリーンヒーロー産駒らしくスタミナで勝負するタイプ
同舞台のいちょうステークスでは6着と敗れていますが
弥生賞でも4着に入っており、ここに来ての充実度は無視できません。

新潟2歳ステークス勝ちの ミュゼスルタン

長期休養明けでスプリングステークスを叩き5着
新潟2歳の内容が良かったのと、叩き2走目で良くなってくる事も想像できるので
ある程度人気を貰う存在になるでしょう。

ただ、一般的に見られるほど叩き2走目というのは成績が良くないので
極端な人気になるようなら敬遠したい存在です。

アーリントンカップ勝ちの ヤングマンパワー

重賞を勝った後のニュージーランドトロフィーで8着
差は0.5秒だったので、見限る事は出来ません。

血統的には父スニッツェルは東京マイル向きではなく
重賞も人気薄で勝ったことから、良くても相手の1頭でしょう。

やはりどの馬を見てもワンパンチ足りません。

これら以外にも

重賞連続2着のある アヴニールマルシェ

馬券圏内を一度も外していない アンビシャス

橘ステークスを勝った マテンロウハピネス

ここ4戦安定した走りを見せる ヴラヴィッシモ

案外これらの馬の方が好走率が高いように見受けられます。

出走馬全馬にチャンスのあるレースとなるでしょう。

私のニュージーランドトロフィー予想は日曜日にメールマガジンで配信します。

登録は無料なので、予想が気になる方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。