2015天皇賞・春出走予定有力馬評価|キズナのリベンジ!?

Pocket

今週のメインレースは天皇賞・春

伝統のGI戦で昔は強い馬が勝つレースでしたが
いまは適性を持つ物が少なく、荒れやすいレースです。

このレースに出走する有力馬を見て評価していきます。

主役となるのは キズナ

今年は2戦とも力を見せつつも惜敗が続いています。
全盛時よりも衰えたという声も聞かれますが
走りの内容自体は悪くなく、勢いはなくても衰えは感じません。

ただ、一点気になるのは天皇賞・春という舞台に適性がないこと。

3000mを超える距離は不安ですし、
長距離戦で追い込み一閃は決まりづらいので
昨年同様、状態面は大丈夫だが、適性が不安という評価となります。

もう一頭の主役 ゴールドシップ は完全に適性外

過去2年全くレースに参加出来ていないように
京都のスピード馬場は苦手としていて
ゴールドシップ自身に衰えが見えている現在ではノーチャンス

完全に切っていい馬です。

3連覇のかかる フェノーメノ

この馬も怪我を重ねて、パフォーマンスは年々低下
昨年でギリギリの形だったので、昨年よりも臨戦過程が悪い今回は難しいです。
ノーチャンスと判断していいでしょう。

昨年2着の ウインバリアシオン は日経賞で上々の競馬

脚に爆弾を抱えており、調整が難しい馬のようですが
昨年は有馬記念、日経賞でピークだったのに対して
今回は天皇賞・春にピークを持ってこれそうな気配があります。

能力的にも適性的にも当然軽視は出来ません。

一番勢いがあるのが日経賞勝ちの アドマイヤデウス

日経新春杯、日経賞と連勝しており内容も素晴らしいものです。

長距離戦も問題のないタイプで、能力も大丈夫。
一見死角がない馬ですが、この馬の場合は状態面が問題となります。

長期休養明け(骨折明け)から連続での激走
疲労がたまらない訳がありません。

消せない存在ですが、本命には難しい馬です。

今年重賞を連勝した ラブリーデイ

鋭い脚を使うタイプではなく、直線なだれ込むタイプ
脚質的には京都向きですが、長距離の適性は薄く
使い詰めの臨戦過程も悪いので今回はノーチャンスです。

4歳馬からは サウンズオブアース

前走はどん尻からの大外強襲という極端な競馬で
この馬の持ち味を発揮する事が出来ませんでした。

しかし、先行して結果を出した3歳秋の内容と比較して
追い込んでも脚を使えたという点は評価すべきでしょう。

本質的にパワータイプですが、今回の舞台でもヒケはとりません。

牝馬では デニムアンドルビー が出走します。

ディープインパクト産駒にしては珍しく
スタミナ・パワータイプで長距離も苦にしない馬ですが
牡馬混合の長距離GIとなると簡単ではありません。

普通に考えれば不安ですが
不気味な存在で、大仕事をやってのける可能性もあります。

昨年3着の ホッコーブレイヴ

AJCCなど長距離重賞で安定感のある クリールカイザー

ダイヤモンドステークス2連覇の フェイムゲーム

G3レベルは常に勝ち負け出来る ラストインパクト

今回はこれらの伏兵馬の方がチャンスがあるかもしれません。

日本ダービーの予想はメールマガジンで公開します。
登録は無料なので、以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの登録はココをクリック

馬券に勝てる方法も話しています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。