ブライアンズタイム産駒の最高傑作はどの馬?ランキングをしてみた

Pocket

時々超大物を出すブライアンズタイム産駒

では、ブライアンズタイム産駒の最高傑作はどの馬なのか
きわめて個人的な見解でランキングをしてみました。

1位 ナリタブライアン

ナリタブライアン

言わずと知れた3冠馬

皐月賞3馬身差、ダービー5馬身差、菊花賞7馬身差は
どの馬と比較してもナンバー1の実績。

古馬になってから故障して、度重なる凡走
高松宮記念に出走するなどの迷走があり
なんだかインパクトが薄くなってしまったが

もし、古馬になっても無事だったら…

と考えると歴代最強まで見えてくるような気がする。

2位 タニノギムレット

タニノギムレット

日本ダービー馬

皐月賞、NHKマイルCは明らかに騎乗ミスともいえる内容で
惜敗を続けていた鬱憤を武豊が晴らしてくれた。

パワフルでスピードがあり、「強い」馬でした。

ウオッカ以外にももう一頭大物を出して欲しい

3位 マヤノトップガン

マヤノトップガン

個人的に最も思い入れの強い馬でGI4勝の名馬

「これは強い!」というレースを見たと思ったら
格下相手にも負けてしまう脆さも同居しておりドラマチックな馬でした。

ナリタブライアンとマッチレースになった阪神大賞典
絶望的な位置から差しきった天皇賞・春

記憶に残るレースが多々ある馬です。

4位 ファレノプシス

ファレノプシス

牡馬の代表産駒が多いブライアンズタイム産駒にあって
牝馬で大成した馬

桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯とGIを3勝

チューリップ賞を負けるまでは石山騎手が乗っていたのが印象的で
武豊騎手に手綱が変わってからは優等生という感じになったのが
個人的には少し残念でした。

5位 フリオーソ

フリオーソ

何年かに一度登場する地方競馬の雄

中央交流だとJRA所属の馬に歯が立たない地方馬にあって
スマートファルコンなどと堂々と渡り合った名馬

2歳から息の長い活躍をしたことは評価が高く
ブライアンズタイム産駒傑作に間違いない

かなりの豪華メンバーが揃いましたが、
これ以下となると少し印象が弱くなりますね。

シルクジャスティス、タイムパラドックス、チョウカイキャロル、サニーブライアンなどなど

サンデーサイレンス産駒全盛時に対抗種牡馬として活躍した
ブライアンズタイム産駒ですが、当たり外れの強い種牡馬でした。

でも、ブライアンズタイムが輩出した馬は力強く
ドラマティックな馬が多く、魅力的な馬でした。

貴方の記憶に残るブライアンズタイムを探してみて下さい。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。