【2015天皇賞・春出走予定有力馬評価】キズナの本命は無い!?

Pocket

阪神大賞典、日経賞、大阪杯と終了し
2015天皇賞・春のステップレースが終了しました。

天皇賞・春の輪郭が見えてきたので
出走を予定している有力馬を現時点で評価したいと思います。

まず阪神大賞典組から見ていきましょう。

このレースを勝った ゴールドシップ ですが
天皇賞・春へは出走回避を臭わせています。

過去2年全く良いところがなかったので
この判断は正しいと言えますが
馬券を買う立場とすれば、こんなに人気を吸って飛んでくれる存在が
いなくなってしまうという事は残念です。

2着デニムアンドルビー はおそらく天皇賞には出走しないでしょう。

牝馬ですが、スタミナタイプで持久力争いは苦手ではないだけに
出てきたら面白い存在ではありますが…

3着ラストインパクト もスタミナは豊富なタイプ
阪神よりも京都の方が適性は高いので京都替わりは歓迎。

ただ、GIとなると一歩地力が足りない存在で
勝ちきるまでは難しいでしょう。

それなら宝塚記念2着の実績がある カレンミロティック に魅力を感じます。

阪神での良績を残しているように
少し力の要る馬場の方が力を出せるタイプで京都はマイナスですが
前走で見せた内容はラストインパクト以上の内容がありました。

阪神大賞典組を見てみると少し薄い印象を受けます。

では、日経賞組を見てみましょう。

勝った アドマイヤデウス は非常に強い内容でした。

日経新春杯も完勝で、ここにきて才能が開花したと言えます。
父アドマイヤドンという地味な血統から
多少人気を落としそうですが、今回の中で一番順調に来ている馬です。

欠点らしい欠点は見つからないのですが
長期休み明けから一気の重賞2連勝。
疲労は気にしなくてはいけません。

2着 ウインバリアシオン は実績を出すまでもなく実力馬です。

休み明けで上々の走りをしており
今回は天皇賞・春のみに焦点を当てた
仕上げをしてくるだろうことから高い評価は必要となります。

3着 ホッコーブレーヴ は昨年の天皇賞で3着の馬

スタミナが豊富なタイプで、展開次第では再度の好走も考えられますが
地力面で一歩以上劣る点は否めません。

4着 サウンズオブアース

日経賞はレースに参加していないような内容でした。
それでも圏外から伸びてきた脚は勢いがあり
天皇賞に向けて視界良好といった形でした。

菊花賞のように好枠で好位の競馬が出来れば
勝ちきるところまで想定出来ます。

3連覇を目指す フェノーメノ は内容の無い敗戦。

昨年秋から復活の糸口を掴めず、今回はさすがに厳しいです。
実績はあっても買う事は出来ません。

負けた組では クリールカイザー が展開を味方につけられれば
あっと驚くシーンが考えられますね。

阪神大賞典組と比べて日経賞組の方がメンツは濃いです。

そして最後に大阪杯組を見てみましょう。

勝った ラキシス は強い内容でした
おそらく天皇賞には出てこないでしょう。

出てきたとしてもちょっと買えません。

最大の注目は2着の キズナ です。

昨年は1.7倍という圧倒的な一番人気で4着
力が衰えた印象はありませんが
本質的に3200mというスタミナ勝負は合いません。

スローに流れて瞬発力勝負、となれば勝機はありますが
人気も予想され、今回も本命に出来る馬ではありません。

キズナよりも3着だった エアソミュール の方が期待出来ます。

スピードではなくパワーとスタミナで勝負するタイプ

距離が合うかという点は未知数ですが
その点の問題がなければ、相手なりに走る点を考慮しても
好走率は高いでしょう。

今回挙げた馬以外では

ダイヤモンドステークス勝ちの フェイムゲーム

着実に地力をつけています。
ローテーションからも人気の穴となる存在で
騎手次第では狙いを立てられます。

こうしてメンバーを見渡すと今年は大混戦であると言えます。

キズナ、アドマイヤデウスあたりが人気になりそうですが
共に絶対視出来る存在ではなく、飛んでもおかしくありません。

こういうレースはしっかりと狙っていきましょう。

天皇賞・春の予想は当日の朝10時頃メールマガジンで公開します。

登録は無料ですので、是非登録してみて下さい。
馬券回収率アップの講座も行っています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。