エリザベス女王杯有力馬追い切り情報と気配

Pocket

今週はエリザベス女王杯が行われます。

第一回から見ていますが、当初は3歳馬にとって鬼門で
古馬の厚い壁に跳ね返されていましたが
フサイチエアデールが2着に入ったあたりから
3歳馬の成績が良くなってきて
今では3歳馬が中心となるようなレースになりました。

ポイントは秋を女王杯一本に絞ってきた古馬と
大舞台秋華賞を経てきた3歳馬の本気度を測るということでしょう。

早速、有力馬の追い切り情報を織り込みながら
気配と私の見解を伝えていきたいと思います。

【ヴィルシーナ】

陣営は春のヴィクトリアマイルを勝ったときのような
臨戦過程と追い切りを強調している。
秋は京都大賞典を叩き台にエリザベス女王杯一本に絞ってきた事は明白
勝負気配は一番と言える。
切れ味がないのが欠点だが、毎回堅実な走りを見せるあたりは信頼がおける。

【メイショウマンボ】

ローズSを仕上げ途上で敗戦して、秋華賞で出し切るという
アパパネのような臨戦過程。お釣りがどれだけ残っているかが焦点
能力的には今回のメンバーでも一番と言えるが
能力通りに走ってくるかはやや疑問が残る。

【デニムアンドルビー】

京都内回りでは力の出せない馬で前走の敗戦は想定内。
メイショウマンボと同じローテーションで今回を迎えるが
コース適性マンボよりも上、陣営の気配からも
状態面はそれなりに良い形で出走が出来そう。

【ハナズゴール】

現役屈指の切れ者だが、その反面不発する側面がある馬。
オールカマー、府中牝馬Sと使ってきて
3戦目のココをピークに持ってきた事は明白。
距離はマイルがベストで長い事はマイナスであるが
近2走も大きく負けてはおらず、能力の高さから
一発があるとしたらこの馬だろう。

【ホエールキャプチャ】

ヴィクトリアマイルの激走から府中牝馬Sを快勝。
完全復調を印象づけるここ2戦の走りで
陣営・騎手も状態の良さに太鼓判を押している。
ただ、一度崩れて低迷を続けた馬がまた黄金期を迎えるという
ケースは稀少で距離適性からも、ここは危険な人気馬となる可能性が高いか

【ディアデラマドレ】

前走は目の覚めるような末脚で勝利した上がり馬
3歳馬ということで伸びしろの多く、前走の勝ち方から
オープンでも通用する能力の持ち主ではあるが
いきなりこの場は家賃が高い。
状態云々よりもまずはクラス慣れとなる1戦。

今回はメンバーが揃ったという印象があります。

馬券の焦点はメイショウマンボとホエールキャプチャの扱い
状態面での下降をたどるマンボをどの位置につけるか
低迷から復活のホエールをどこまでやれるとみるのか

この2頭のどう絡めるのか、はてまたばっさりいくのかで
馬券の回収率が大きく作用されます。
枠順発表を待ちましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。