2015ダービー卿チャレンジトロフィー出走予定有力馬|見所は?

Pocket

今週の中山メインレースはダービー卿チャレンジトロフィー

例年GIを狙うには一歩足りないメンツが出走するレースですが
今年も同様にレベルのメンツが揃いそうです。

有力馬を1頭ずつみていきましょう。

まず実績最上位はサマーチャンピオンの クラレント

この馬はダンスインザダーク産駒らしく
長くいい脚を使うタイプ

その為、東京や新潟に良績が集中しています。
加えて典型的なサウスポーで、今回は斤量を背負う馬

陣営もこの馬の適性は分かっているはずで
今回は叩き台として見ていいでしょう。

もう1頭の実績馬 エキストラエンド

この馬もディープインパクト産駒らしく
中山は不向きな軽い走りをするスピードタイプ

目標は安田記念でもう一叩きする事は明らか
クラレント同様、今回は軽視すべき馬です。

実績馬に気配を感じない分、上がり馬がいい雰囲気です。

その筆頭は モーリス

前走は条件戦とは言え、かなりロスの多い競馬をしながら完勝しました。
グラスワンダーの血が入っており、パワータイプで中山は得意。

人気が予想され馬券的な妙味は薄いですが
必ず相手には入れておかないといけない馬です。

もう1頭の上がり馬 クラリティシチー

この馬は3歳春から能力の片鱗は見せていましたが
前走のパフォーマンスは圧巻でようやく素質開花した印象。

キングカメハメハ産駒らしくスタミナも豊富で
中山芝マイル戦も対応は可能でしょう。

地味ながら コスモソーンパーク も侮れない1頭

パフォーマンスこそ上記2頭に劣るものの
前走では重賞2着と今が充実期

小回りの小倉で捲ってきた内容は
中山マイル戦では大きな武器となります。

実績馬で中山適性があるのは シャイニープリンス

この馬の東風ステークスでの勝ち方はかなりレベルの高い内容で
地力の高さと中山適性の高さを示しています。
東京でも走りますが、中山ならもっと力を出せる馬です。

当然、見逃せない1頭です。

もう1頭 ブレイズアトレイル も適性はあります。

ダイワメジャー産駒らしく、パワータイプで中山向き
着順は冴えませんが、毎回着差はわずかで
乗り方一つでいつでも上位に来る事が出来る実力馬です。

京都金杯3着の マイネルメリエンダ

この馬はチーフベアハート産駒らしく、
スピードを持続して直線でなだれ込むタイプ

中山での実績はありますが、このクラスだと難しいでしょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。