金沢競馬場で行われた2013年JBCの結果とレース回顧

Pocket

昨日は金沢競馬場で地方競馬の祭典

「JBC(ブリーディングファームズカップ)」

が行われました。

JBCとして行われたレースは3つ
「JBCクラシック」「JBCスプリント」「JBCレディクラシック」

地方交流競馬は中央所属馬のレースとなりがちで
順当に決まる事が多いので、この3つのレースを
「次走どうみるか?」という観点で回顧していきたいと思います。

まずは「JBCクラシック」から振り返ってみましょう。

勝ったのはホッコータルマエ。
今年の充実度から見ると順当勝ちです。
中央場所よりも地方場所の方に適性がある馬ですが
何より充実しているのでジャパンカップダートは
もちろん主役を張る1頭で、不安らしい不安はありません。

2着ワンダーアキュートは中央場所の方がいい馬です。
一時期の勢いがないのは気になりますが
今回のジャパンカップダートは最後の中央GIのチャンスでしょう。

ハタノヴァンクールは謎の敗戦ですね。
ここまで負けるとなると状態面でしょう。
冬シーズンに回復できるような状態にはないでしょう。

続いて「JBCスプリント」

勝ったエスポワールシチーには頭が下がります。
一時期の不振を乗り越えて、老いてますます盛んという印象。
判断は難しいですが、年齢面を考えるとこれ以上の上昇は考えづらいので
中央で走る際は重い印をつけない方が合理的かと思います。

ドリームバレンチノも非常に頑張りました。
ただ、芝短距離でGIが狙える馬なので
きっちりと芝短距離仕様に仕上げて欲しいところです。
ダート路線と混合して使われると成績も中途半端になるでしょう。

「JBCレディクラシック」はメーデイアの完勝。
出走馬のレベルが低いので、中央で活躍するのは難しいでしょう。
交流地方を中心とした路線で活躍する馬ですね。

スポンサードリンク