2015年3歳牝馬クラシック桜花賞・オークスの勝ち馬を探る

Pocket

先日フィリーズレビューが終わり
桜花賞のステップレースが全て終了しました。

ここで桜花賞・オークスへの勢力図がだいぶ見えてきたので
有力馬の洗い出しを行い、勝ち馬と馬券に絡みそうな馬を探ってみましょう

昨年の2歳女王ショウナンアデラが骨折でリタイアと
屋台骨が抜けた形の牝馬クラシック路線ですが
今年はショウナンアデラを抜きにしても主役が存在します。

まず筆頭として取り上げたいのは ルージュバック

きさらぎ賞では実力牡馬を相手に完勝
瞬発力というよりも推進力に優れたタイプで
阪神でも東京でも不得手にしない馬。

過去に見せたパフォーマンスから断然の人気が予想されますが
これといった欠点は見当たらず
馬券的な旨味はないながらも買わざるを得ません。
一番勝利に近い馬であることは間違いありません。

対抗として名前が挙がるのは クイーンズリング

3戦3勝でフィリーズレビューを制覇
その勝ち方から能力は高い事は間違いありません。

ただ、フィリーズレビューでの反応の悪さや
馬体重の推移を見てみると1600mよりは
2400mのオークスの方が適性は高くチャンスは大きいでしょう。

次に挙げたいのは キャットコイン

こちらも3連勝とまだ底を見せていません。
クイーンカップの勝ち方を見ると上の2頭よりは
パフォーマンスが下がります。

ですが、機動力という点では勝る点を持っており
混戦になればチャンスはありますが
桜花賞・オークスともに地力勝負の舞台なので勝つとなると難しいでしょう。

チューリップ賞を勝った ココロノアイ

2歳時から一線級で活躍している馬で安定感は抜群
ただ、ショウナンアデラに器の差を見せつけられたように
GI級かというと違います。

馬券を買うなら単系の馬券よりも複系の馬券がオススメの馬です。

同じ事はチューリップ賞3着の レッツゴードンキ にも言えます。

走りの内容を見るとココロノアイよりかはスケールが大きいので
この2頭を買うのであれば

レッツゴードンキ > ココロノアイ

とみた方がいいでしょう。

ただ重馬場の時は序列が逆になるので注意したいところです。

ここ5年連続で桜花賞馬を輩出しているディープインパクト産駒も
非常に不気味な伏兵が揃っています。

まずはチューリップ賞2着の アンドリエッテ

非常に小柄な馬でクイーンズリング同様に馬体重の問題はありますが
前走の末脚は特筆もので、展開がハマれば人気馬を喰う可能性はあります。

クイーンカップ2着の ミッキークイーン

こちらも前走で見せた末脚は見事で
ハマってしまえば、突き抜ける可能性があるでしょう。

アネモネステークス勝ちの テンダリーヴォイス は
走りの内容から地力が足りないので勝つには至りません。

同じくチューリップ賞4着の ロカ も能力的に頭打ちで
勝つには至らないでしょう。

2頭とも3着を拾えるかどうかの馬でしょう。

勝てる可能性のある馬、馬券圏内に絡める可能性のある馬を挙げましたが
ここで紹介している以外のメンツが好走するのは難しいでしょう。

今年はハイレベルな争いが見られそうで楽しみです。

ちなみに私の予想は桜花賞当日の10時頃
メールマガジンで公開しています。

年間回収率は2年連続で100%超えを達成しており
登録は無料なので、興味があったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。