2015スプリングステークス出走予定有力馬|ダノンプラチナ出陣

Pocket

今週のメインレースはスプリングステークスと阪神大賞典

ここではスプリングステークスを取り上げます。

先日行われた弥生賞はサトノクラウンが完勝して
クラシックの最有力候補として名乗りを上げました。

しかし、潜在能力とレベルで言えば今回の
スプリングステークスの方が分がある

と言い切れるほど、好メンバーが揃いました。

その主役は2歳チャンピオンの ダノンプラチナ

朝日杯フューチュリティステークスはアルマワイオリ以下を完封
勝ちっぷりは一枚違う内容で、能力上位は明らか

今回はメンバーがグッと上がりますが
阪神の走りを見ると中山競馬場も問題なく
今回も上位である事は間違いありません。

相手筆頭は共同通信杯勝ちの リアルスティール

前走は好位から内をすくっての鮮やかな勝利
ディープ産駒らしくスピード豊富な馬で
そのスピード能力はメンバー中最上位

今回は中山に舞台が変わる点が不安材料で
外を大きく回るようだと危険度が高くなってきます。

3番手は京成杯勝ちの ベルーフ

前走は大外から豪快に差してきました。
ハービンジャー産駒らしく、パワーが勝ったタイプで
皐月賞までは色気をもってレースが出来るでしょう。

あとは地力が通用するかどうか。

未知の魅力は2戦2勝は ミュゼスルタン

新潟2歳ステークスはアヴニールマルシェを抑えて勝利
勝った内容を見ると中山競馬場は歓迎のくちですが
骨折明けでの長期休みという点は普通に考えれば致命的な不利です。

賞金面では足りているので、ここを叩いて皐月賞をどう迎えるか
というのが常識的な見方ですね。

同じく2戦2勝の キタサンブラック

新馬戦は1馬身差、500万条件では3馬身差と底を見せていません。
前走が9番人気だった点、ブラックタイド産駒という点から
期待が高かったわけではありませんが、ここを勝つようなら
一気にクラシックの主役となるでしょう。

使っている組では ブラックバゴ

ホープフルステークス、京成杯と連続2着
双方とも勝ちに等しい好内容のレースをしており
中山のレースは得意。

穴として指名するなら最初に名前が挙がる馬ですね。

あとはダノンメジャー、フォワードカフェなどの伏兵がいますが
今回のメンツでは力不足の印象が否めません。