2015中山牝馬ステークス出走予定有力馬|差し馬は来られるか?

Pocket

今週の中山メインレースは中山牝馬ステークス

例年、混戦で荒れるレースという印象がありますが
今年はどうでしょう。

有力馬を見ていきたいと思いますが
今年は差し馬に有力馬が固まっています。

最初に取り上げるのは スイートサルサ

愛知杯ではディアデラマドレ、キャトルフィーユという強豪を
相手取り最後方から3着と健闘
好走時はとてもパフォーマンスが高く、
能力は重賞級である事は間違いないところ。

今回は中山で同じパフォーマンスを見せられるかどうかが焦点となります。

京都牝馬特別で3着の パワースポット

この馬の持ち味は長く良い脚を使えるという点
東京や京都で良績があるのは、この馬の個性によるもので
直線の短い中山では常識的に考えて不利です。

今の充実度でどこまでやれるか、でしょう。

フェアリーステークス勝ちの オメガハートロック

新馬から2連勝して、秋華賞・エリザベス女王杯を惨敗
ここ2戦の敗北は致し方ないところで
フェアリーステークスの内容から中山適性は十分で
ここは一変を考えても良い舞台でしょう。

ローズステークス2着がある シャトーブランシュ

キングヘイロー産駒の牝馬で毎回相手なりに走る馬。
潜在能力はある馬ですが、うまく結果に繋げられていません。
今回もアテにはしづらいタイプですが
中山芝1800mという条件はピッタリです。

対する先行馬は京都牝馬ステークス勝ちの ケイアイエレガント が筆頭

前走では大穴を開けましたが、もともと能力はある馬で
中山の牝馬重賞でも実績があるように舞台も問題ありません。

展開面で左右されなければ、かなり有力である事は間違いありません。

フラワーカップ勝ちの バウンスシャッセ

昨年のオークス以来不調が続いていますが
フラワーカップを勝っているようにパワータイプで
中山1800mは条件的にピッタリです。

あとのこの馬の精神面だけでしょう。

秋華賞4着の ブランネージュ

昨年は牝馬GI級の中で好走を続けてきた馬で
地力と安定感はこのメンバーに入っても上位の存在です。

ただ、非力なタイプなので、スピードが生かせる東京や京都の方に適性があり
中山の舞台がどうでるか、という点が焦点となります。

オークス3着の アイスフォーリス

ステイゴールド産駒ですが、スピードが勝ったタイプで
ブランネージュ同様、中山は不得意なタイプ
ただ、能力は高い馬なので見限れない存在です。