2015チューリップ賞出走予定有力馬|レッツゴードンキは過信禁物

Pocket

今週、阪神競馬場で行われるメインレースはチューリップ賞

例年、桜花賞に繋がる最も重要なレースで
昨年はハープスターが勝利を収め、3着にはヌーヴォレコルトが入っています。

今年は阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったショウナンアデラ
きさらぎ賞を勝ったルージュバックが有力視されており2強ムード

この2頭への挑戦権をかけた1戦という位置づけで
例年と比べると少々小粒な印象を受けます。

主役は阪神JF2着の レッツゴードンキ

札幌2歳3着、アルテミスステークス2着と重賞では堅実な走り
ですが、GIを勝つとなるとパンチ力不足。

この馬がチューリップ賞を勝つようであれば
チューリップ賞組が桜花賞で活躍する事はないでしょう。

逆にこの馬を負かす馬が現れれば2強へのチャレンジャーとなります。
そんなボーダー的な存在の馬です。

もちろんレッツゴードンキ自身はこのレースでは信頼性は高い馬です。

続いて阪神JF3着の ココロノアイ

この馬も堅実な馬で今年の牝馬ではトップクラス
レッツゴードンキが末脚型なのに対して
ココロノアイは先行押し切りタイプ

立ち位置はレッツゴードンキと同様で
この馬を超える馬が桜花賞で2強に挑戦する形になりそうです。

話題性で一番の注目を集めるのは ブチコ

この馬はビジュアルを抜けば、ダート連勝という実績のみなので
今回は馬券検討をする必要はありません。
文句なく切りです。

阪神JF1番人気でクイーンカップ3着の ロカ は
底が割れた印象がありますが、
パワー型で阪神競馬場替わりならここはチャンスがあります。

馬体を減らしながらクイーンカップ4着に来た アンドリエッテ

小柄の馬で馬体の回復は焦点となりますが
素質で考えれば、ここは上昇が見込めるでしょう。

2戦2勝のエルフィンステークス勝ち馬 クリミナル

須貝厩舎でディープインパクト産駒
エルフィンステークスは完勝で素質を感じます。
ここはあくまで試金石ですが、未知の魅力ならこの馬です。

同じく2戦2勝の紅梅ステークス勝ち馬 コンテッサトゥーレ

こちらもディープインパクト産駒で母親エアトゥーレという良血
素質豊富で奥があり、未知の魅力を備えた馬です。

既成戦力vs未知の戦力

2強への挑戦が可能な馬がいるかどうか

そんな1戦となります。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。