結婚効果?福永祐一絶好調!!みやこ、アルゼンチン、アルテミス回顧

Pocket

昨日、一昨日に行われた重賞

『みやこS』『アルゼンチン共和国杯』『アルテミスS』

のレース回顧と出走馬の今後について話したいと思います。

まず、みやこSは期待した福永騎手騎乗のブライトラインが勝利。

逃げた2頭を4コーナー手前で早々と捉えての
押し切り勝ちでしたが、非常に内容の濃いレースでした。
この内容であればジャパンカップダートでも好勝負出来るでしょう。

フジキセキ産駒はカネヒキリを始め、
ダートの適性を持った馬が多くいますね。

2着インカンテーションは騎手で軽く見てしまいましたが
大野騎手で重賞を勝っているので甘く見てしまった点は反省です。
レパードSは強い内容で勝っていて地力のある馬です。
3歳馬ですし、次も可能性は十分です。

ローマンレジェンドは叩き台なので、これくらいで上々でしょう。
次は確実に狙ってきますので、本命候補筆頭ですね

もう一頭期待したグランドシチーは5着
展開が向かない中、自分の走りはしたと思います。
このまま仕上がれば、ジャパンカップダートの
最大の惑星になる可能性は高いでしょう。

グレープブランデーは良化が思ったよりスローで
次まで体制を整えるのは難しそうです。

それにしても福永騎手は乗れています。
結婚した事で上昇気流に乗ったのか!?
と勘ぐりたくなるくらいの活躍ですね。

これを機に外国人騎乗にも負けない
スーパージョッキーになって欲しいですね。

アルゼンチン共和国杯はアスカクリチャンが
内をすくっての差し切り勝ち。
戸崎騎乗の好騎乗が光りましたが
馬も確実に力をつけています。
あまり人気にならないタイプなので
今後も狙っていっていい馬
だと思います。

アドマイヤラクティ、ルルーシュは力通り走れました。
GI級との戦いは厳しいですが、このレベルなら上位争いですね。

期待したムスカテールは直線で失速
条件的には悪くなかっただけに
状態面がイマイチだったのか…
ただ、地力は2,3着馬と変わらない評価で大丈夫です。

メイショウナルトは相手のメンツを考えると
少し人気過剰でしたね。

土曜日に行われた重賞アルテミスSにも少しだけ触れておきましょう。

勝ったマーブルカテドラルは最後力の違いでねじ伏せたといった印象。
レースを見る限りは切れる脚はなさそうなので
先行して押し切る形を身につけていけば
GIでも十分にやれそうです。

期待したパシフィックギャルは2着
上手くレースを運んで負けてしまったので
完全に地力の差です、この敗戦は仕方ありません。

クリスマスは懸念してた通り距離が長かったですね。
1200mで完璧なレースをしていた馬ですから
今回のマイル戦での敗戦は予想通りですね。

スポンサードリンク