2015ダイヤモンドS出走予定有力馬|ラブイズブーシェは買える?

Pocket

今週土曜日に行われる重賞はダイヤモンドステークス

東京芝3400mという年に1度しか行われない舞台なので
馬券検討としては非常に難しい1戦です。

その辺り、適正の予想という点も含めて出走予定有力馬の判断をしていきましょう。

まずは昨年の覇者フェイムゲーム

昨年はダイヤモンドステークスのみならず、アルゼンチン共和国杯も制覇

走りの内容としては中山競馬場向きですが
成績は東京の長距離に吉と出ています。

実際に東京でも堅実な末脚を繰り出しており
能力は今回のメンバーでも最右翼
当然、無視の出来ない存在です。

実績では函館記念ラブイズブーシェも負けてはいません。

天皇賞・秋、札幌記念で4着と超一流の馬とも戦えている馬で能力は確か

ただ、マンハッタンカフェ産駒らしく走るのはパワーが必要な馬場
天皇賞・秋で4着の実績はありますが、適性は東京ではなく中山です。

その辺りは非常に不安だといえます。

これら2頭に上がり馬が挑みます。

長距離に適性を見せるダンスインザダーク産駒が2頭

カムフィーは3歳時長距離を使ってきましたが
2600m戦は4戦連続3着
長距離に適性がある事は間違いなく、ここも注意が必要です。

もう一頭は天皇賞・春5着タニノエポレット
前走は休み明けで大敗も、昨年のダイヤモンドステークス3着と
長距離には高い適性を見せています。
休み明けの内容が悪すぎるだけに狙うのは難しいですが、無視も出来ない存在。

同じく東京長距離に高い適性を見せるゼンノロブロイ産駒ステラウインド

前走万葉ステークスで勝利しており、勢いのある1頭
パンチ力がないタイプですが、走りに安定感があり
レースレベルが下がった時には黙っていないタイプ

フェデラルホールも長距離を中心に使われてきた馬

良い脚を長く使える訳ではないので、中山向きの馬。
東京で重賞となると厳しい側面が強いでしょう。

4歳馬メイクアップも無視出来ない1頭

オレハマッテルゼ産駒の割には長距離に適性を見せる馬
ここ2戦は凡走が続いていますが、相手なりに走るタイプで
このメンバーでは好走する可能性はあります。

重賞の常連ニューダイナスティはこの距離が良くありませんね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。