2015共同通信杯出走予定馬|ドゥラメンテは大物・大器なのか?

Pocket

今週の日曜日に東京で行われる重賞は共同通信杯

クラシックの主役を目指すべく有力候補が集まってきました。

一番の注目はドゥラメンテ

昨年までは注目されていませんでしたが
前走のセントポーリア賞を圧勝した事で一気に
クラシックの有力候補へ浮上

前走は先行から抜け出すとあとはその後の推進力で
後続を引きちぎるという強い競馬

父キングカメハメハに母アドマイヤグルーヴという良血で
同じ東京という舞台なら同等のパフォーマンスが期待でき
大きな不安要素がありません。

あとは相手関係のみ。
走りのスケールから、潜在能力は今回のメンバーでも随一の存在で
不安よりも遙かに期待が上回る馬です。

このドゥラメンテの能力の物差しとなりそうなのが
重賞連続2着のアヴニールマルシェ

この馬の見せたパフォーマンスも優秀で
G3レベルなら常に勝ち負けが出来る存在です。

ですが、勝ち味に遅い点があり
GIとなるとインパクトに欠ける点が見受けられます。

今後、この馬を負かすような馬がGIで覇を競い
この馬に負けた馬がクラシックから脱落していく。
そんなボーダーを決めるポジションの馬になりそうです。

今回のレースで考えれば、当然期待出来ます。

未知の魅力という点からはアンビシャスも見逃せません。

前走は馬なりで直線を迎えて、直線は危なげなく抜け出して勝利
2戦2勝のディープ産駒でクラシックへの期待が膨らみます。

ただ、前走は抜け出すまでは楽な手応えでしたが
抜け出してからは思ったような伸びが見られませんでした。

相手が強化されるここは試金石となるでしょう。

未知な存在であるドゥラメンテ、アンビシャスが
期待に添えない走りをした時に台頭してくるであろう馬が
重賞で実績を残している馬。

重賞2着の実績があるダノンメジャー

前走こそ凡走しましたが、能力は優に重賞級で
いつ巻き返してもおかしくありません。

が、この馬は本質的にパワー型
東京は不向きな馬で、人気になるようなら敬遠をしたい存在です。

京都2歳ステークスでの凡走から立ち直れないティルナノーグ

今回はホープフルステークスから
少し間隔を空けての出走となります。

この馬の場合は能力で負けたというよりも
何かトラブルを抱えて負けたという内容なので
何かをきっかけに浮上がある事は押さえておく必要があります。

ノーマークには出来ないでしょう。

重賞で常に善戦を続けるソールインパクトも侮れない一頭ですが
今回はかなりハイレベルなメンバーが揃ったので
出走確定メンバー・枠順を見極めて取捨の判断が必要となります。

馬券の攻略の肝はアンビシャスの扱い。

この馬をどう評価するかで、馬券の買い方が変わってきます。
ただ、上位陣は強力なのでいずれにしても
勝負出来るようなレースにはならないでしょう。

私の予想は日曜日の10時頃メールマガジンで配信しています。
登録は無料なので、予想が聞きたい方は登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。